Kanye WestとJay Zの不和を側近が語る

Kanye Westが現在開催中のSaint Pablo Tourのステージ上でAppleとTidalの「ストリーミング戦争」やそれに関連してJay Zを非難した。この言動がかつてのボスであったJay Zの不和を引き起こしたのではと騒がれる中、Page Sixが匿名の情報として「Jay Zはここ数日のカニエの言動に関し、既に我慢の限界にある」と報じた。

 

匿名情報によると、もともと、彼らの不仲は急に勃発したものではないとPage Sixは報じている。2012年に開催された『Watch The Throne』ツアーの時点で、彼らの「親友像」は「偽物」であったという。Jay Zは「大金を稼げたからこそ」Kanyeの言動をある程度許容していたものの、もはや現在は我慢の限界に達したとのこと。

このような状況のなか、Roc-A-Fellaレコードの共同設立者であるKareem Biggs Burkeがインタビュー内で両者の関係について語った。BiggsとJay Zは「かつてのKanyeを恋しく思う」と前置きしたうえで、「Kanyeのステージ上の言動にショックを受けた。そんな不平不満を言ったこともなかった。公共の場でこのような言動に至ったと聞いたときは少しショックだよ」と述べた。

続けて、BiggsはJay Z のアルバム『Reasonable Doubt』のリリース20周年記念ポップアップストアの場でのKanyeと遭遇した時のことを語った。「最近彼と会ったとき、KanyeはJay Zをすごく褒めてたんだ。この時点での彼らの関係性についてなにか確信したわけではないけどね。Kanyeの暴言の後Jay Zと話したけど、俺らはただただかつてのKanyeを恋しく思った。Kanyeが正直な人間だって分かってるからこそね。多分、カニエは今現在なにか苦しんでいるのかもしれない。もしそのような状況だったら、3週間後には『俺たちはブラザーだ』って言える仲に戻ると思う。ともかく、現時点で、我々はもうビーフを繰り広げる年齢ではないのさ」と語っている。(伊藤)

related

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

Kanye Westが離婚に伴う引越しで約1トンにも及ぶスニーカーコレクションを移動させるとの報道|「Sunday Service」スタッフへのギャラの未払いで訴訟も

進学や就職、あるいはパートナーとの別れといった人生の転機と共に、引越しを行った経験のある方も多いだろう。しかし、そんな時に厄介なのが荷物の移動だ。中でも洋服やスニーカーを集めている方はパッキングや移動に骨を折ることとなるが、ファッションを牽引する存在であるKanye Westは、やはり桁違いの苦労を抱えているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。