BalmainのOlivier Rousteingが説く多様性,ソーシャルメディア、自身のブランドの重要性について

Balmainはフランスのラグジュアリーブランドで、Yeezyとのコラボや最近ではキャンペーンビデオにKanye West、Kim Kardansian、Vic Mensa、Siaをフィーチャーし、ビデオの中の涙を流すKanye Westのシーンが注目を呼んだのは記憶に新しい。

 

Balmainのクリエイティブディレクターを務めるOlivier RousteingがNew Yorkのメトロポリタン美術館で行われたトークイベント『The Atelier With Alina Cho』に出演した。そこで、彼のメンターであるPeter Dundas、多様性などについて語った。

自身のメンターでRoberto Cavalliを離れるPeter Dundasに関して、Rousteingは「ファッションは常に予想できない何かなんだ。だけど、確かな事はPeterは才能あるデザイナーで素晴らしい人間なんだ。俺を始めから信頼してくれていて、俺も彼の才能には疑う余地もないよ。彼なら彼の行く先々で成功を成し遂げると思うよ。彼の事は好きだし、幸運を祈ってるよ」と激励の言葉を送った。

ファッション業界の多様性についても言及したRousteingは「俺はファッション産業は時に多くを語ると思っているけど、彼らは多様性について、多くのことをを示さない、これは自分の役割の一つだと思っている。俺の世界を表現する事が好きなんだ。俺にとって俺の服を着て、文化を重んじていない、キャットウォークするっていうのは想像出来ないんだ。これはもっとも重要な事なんだ。あなたが「あれはモダンだ、あれは上品だ、モダンだ、上品だ」っていうショーの批評を見た時、みんな何がモダンか、何が上品かという定義がわかる。だけど、あなたがショーを見て、なんの色もなくって、彼らがモダンだ、上品だって呼んだなら、俺はそれをモダンとは言わないだろう。ごめんね。多様性とは今の社会そのものさ。何がリアルかってことだよ。」

次にソーシャルメディアでの取り組みについては「質問があるんだけど、あなたがラグジュアリーさとデジタルをミックスできたとしたら、1着20,000ドルのドレスを売ることと、同時にデジタルな影響があることを想定出来る?つまりその服を買うことができない、全く違う層にも伝えられるってことなんだ。それが今のモダンってことさ。それが今のファッションだよ。周りの人々に話す事は良い事だよ。だけど、もしあなたががすべての世界と話す事が出来るのなら、そっちの方がいい。」

そして、最後にMet GalaでKim Kardashianとの出会いについて聞かれると「あれは自分の人生の中で一番の衝撃だったよ。俺も彼女もすごくシャイだったんだ。Met Galaは何か印象的で、Kanye WestがKim Kardashianに俺を紹介してくれたんだ。そしてすぐにときめいた。それから、俺たちは仲良くなって、彼女は僕の人生にインスピレーションを与えてくれる存在になったよ」

Olivier Rousteingのトークの全容はWWDで掲載されている。

related

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

Kanye Westが離婚に伴う引越しで約1トンにも及ぶスニーカーコレクションを移動させるとの報道|「Sunday Service」スタッフへのギャラの未払いで訴訟も

進学や就職、あるいはパートナーとの別れといった人生の転機と共に、引越しを行った経験のある方も多いだろう。しかし、そんな時に厄介なのが荷物の移動だ。中でも洋服やスニーカーを集めている方はパッキングや移動に骨を折ることとなるが、ファッションを牽引する存在であるKanye Westは、やはり桁違いの苦労を抱えているようだ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。