Drakeが2016年に作った8つの記録

2016年はラッパーのDrakeにとって、自身の地位を確立した1年になったはずだ。今年リリースしたアルバムの『VIEWS』はリリース前からの執拗ともいえるプロモーション作戦が功を奏し、シングル、"One Dance"と共に様々な記録を塗り替えた。

 

まずDrakeはSpotifyで最もストリーム再生されたアーティストの記録を持っていたJustin Bieberを追い抜いた。『VIEWS』に収録されている1曲ずつが少なくとも200万再生以上されているとのことだ。

2つ目の記録はビルボードのトップ100シングルチャートに20曲同時にランクインさせたことだ。ストリーミングサービスでの驚異的な再生回数がこの記録を支えているという。

続いてもストリーミングサービス関連だが、『VIEWS』は1週間での最高ストリーミング記録を塗り替え、1週間でなんと収録曲が合計で2億4000万回も再生された。

さらにDrakeは"One Dance"と『VIEWS』を同時にビルボードシングルチャート・アルバムチャート1位に3週連続で送り込み、50centの記録に並んだ。

5つめの記録は偉大な Michael Jacksonが32年前に打ち立てたAmerican Music Awardsの11個の賞のノミネート記録を打ち破り、13賞の候補になったことだ。

Eminemの『The Marshall Mathers LP』がこれまでラップのアルバムでビルボードチャートで最も長い間トップに立った作品(計8週)だったが『VIEWS』は9週間トップに立ちこちらも記録更新となった。

7個目の記録は、USではなくUKでだ。これまでAdelleが"Hello"で持っていた、ストリーミング最高記録を"One Dance"で塗り替えたのだ。

そして最後の8つめは『VIEWS』がApple Musicで史上初めて10億回再生された作品になったことだ。

この勢いだと年末までにDrakeはさらに2~3個他の記録をしてしまいそうで、恋愛以外はDrakeに微笑み続けた年として記憶されるのではないだろうか?

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

Drakeが製作総指揮、Zendayaが主演するドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』がU-NEXTで配信

HBOが気鋭スタジオA24とタッグを組み、Drakeが製作総指揮をとったドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』が、本日6/30(水)からU-NEXTで独占配信開始となった。

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。