Chance The Rapper、ヒラリー・クリントン支持を表明し、人種差別についても語る

Chance The RapperがBillboardの取材で、アメリカ大統領選挙についての自分の考えについて話した。

 

彼はヒラリークリントンを支持するとし、選挙について以下のように話した。

「今のところはヒラリークリントンだね。これは自分のことのようになっちゃうんだけど、彼女はシカゴ出身なんだ。だから、シカゴが抱える今の問題にしっかり取り組んでくれると思う。それに彼女は誠実さを持っていると思う。これはメディアが隠しちゃってるんだけど。その理由が彼女が女性だからなのか、トランプが今はメディアを牛耳ってるからなのかは分からない。でもとにかくメディアのの扱いはフェアじゃないよね。俺は彼女の政策について深く話すことはできないけど、ドナルド・トランプとの間には感じられないような共感をヒラリー・クリントンとの間には感じているんだ。」

また、次回の第59回グラミー賞でBest New Artistの受賞に期待がかかる三組のうちの一人として選出されたChance The Rapperであるが、グラミー賞における黒人アーティストが抱える試練についてもインタビューで語った。

「人種差別はミュージシャンになろうが、金持ちになろうが、良いポジションを与えられようが、なくなるものじゃないんだ。Kendrick (Lamar)の2014年の一件(7部門でノミネートされていたのにも関わらずいずれも受賞はなく、ヒップホップの主要な賞はMacklemore & Ryan Lewisが受賞することとなった)がどんなに才能があっても、差別はついてくるんだということを人々に思い知らせてくれたよな。」

Billboardでのインタビュー記事(英語)はこちらから。

(辻本秀太郎)

related

Lil Wayneがトランプ大統領と面会|選挙公約「プラチナプラン」への支持を表明

アメリカ大統領選が目前に迫る現在、ヒップホップアーティストとトランプ現大統領との接近が次々と報じられ衝撃を与えている。先日はIce Cubeがトランプ陣営と面会していたほか、50 CentやLil Pumpといったラッパーがトランプ支持を表明していることも話題を呼んだ。そんな中、Lil Wayneがトランプ大統領と面会を行ったことが報じられている。

Kendrick Lamarが新作のリリースに時間がかかる理由を語る

長らく新作のリリースを待たれていながら未だ実現に至っていないKendrick Lamar。先日は所属レーベルTDEからの離脱の噂が報じられ(後に否定)話題を呼んだが、今回、そんな彼がインタビューの中で新作や新会社pgLangについて語っている。

Kendrick Lamarが所属レーベルTDE離脱についての噂を否定

昨日、Kendrick Lamarがキャリアの当初から拠点としてきたレーベルTDEを離脱するのではないか、との噂が流れ、ファンに衝撃を与えていた。この噂に対しレーベルのボスであるPunchはミステリアスな反応を示し肯定も否定もしていなかったが、今回、Kendrick Lamar本人が噂を否定するような声明を出している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。