Gucci ManeはYoung Thugの曲を聞かずに2万5000ドルで契約していた

出所後に華々しい活躍を続けているアトランタのトップラッパーGucci Maneが今度は雑誌XXLの表紙を彼が見出したラッパーのYoung Thugとともに飾っている。

 

表紙とともに受けたインタビューの動画が昨日Youtubeにアップされているが、その中でGucciはYoung Thugとの出会いについて語っている。Young Thugは2013年にGucci Maneが率いる1017 Brick Squad Recordsと契約をし、その年にMixtape『1017 Thug』をリリース、一気にブレイクへの道を登って行った。

Gucciは当時アトランタのラッパーPeewee Longwayと契約を行おうとしていたが、PeeweeがGucciに対してYoung Thugを推薦してきたという。Gucciは当時をこう振り返る。

Peeweeとスタジオに向かおうとしていたときに、PeeweeがYoung Thugともう2人別のラッパーを連れてきていた。Peeweeはおれに『Gucci聞いてくれ、あいつらはおれがラップを始めたときから一緒のやつらで、いけてるんだ。あいつらともサインしてくれ」と言ってきた。だからおれはバッグに入っていた2万5000ドル(約250万円)をThugに渡して契約したんだ。曲は聞いてなかったけどPeeweeの言うことは信頼していたから

その契約が間違ってなかった瞬間はすぐに訪れた。

おれはYoung ScooterともコラボをしたしYoung Dolphともした。ただおれがYoung Thugと一緒になにかをやるかはわからなかった。おれはチャンスを与えただけだった。でも1週間後おれはYoung Thugはスターだってわかったんだ。おれとThugはミュージックビデオを撮ってたんだ。そのときの彼の動きをみて、やつはスターだ、ついに出てきたぜって思ったんだ。そしてそれからおれはYoung Thugにもっとフォーカスするようになったんだ。

さらにGucciはアトランタから登場する新星たちにも言及している。彼は、Lil Yachtyなどの新世代のラッパーたちについては100%理解できているわけではないということを認めつつ、「彼らはクリエイティブでスマートで、自分たちでマーケッティングができる」と新しい世代の天性の才能を認めている。XXLのインタビュー動画は下のプレイヤーで見ることができる。

RELATED

Lil Babyがキャリアの初期にYoung Thugから大きなサポートを受けていたことを明かす

今やフィーチャリングで見ない日はないほどの人気ラッパーとなったLil Baby。先日には、彼がラッパーとしてのキャリアを始めた頃にGunnaからサポートを受けていたことを明かしていたが、同郷アトランタの先輩Young Thugからも支援を受けていたと語った。

Young ThugがKanye Westに『Jesus Is King』に自身のバースがあるか確認をとる

先週金曜日の9月27日にリリースされる予定だったKanye Westのニューアルバム『Jesus Is King』。アメリカの各地でリスニングパーティは行われたようだが、結局アルバム自体はリリースされずじまいとなってしまっている中、Young Thugが自身の参加した楽曲は『Jesus Is King』に収録されているのか、Kanyeに質問を行っている。

ついにGucci ManeとGucciのコラボが実現 | LOOKはハーモニー・コリンが撮影

10月1日、Gucci Maneが自身のInstagram上でファッションブランドGucciとのコラボレーションが決定した事を発表した。Gucci Maneは『Gucci Cruise 20』というコレクションに参加し、映画監督のハーモニー・コリンが制作した、いくつかのルックを自身のInstagra...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。