USヒップホップシーンの最重要人物がYoutubeのグローバル音楽部門のトップに就任

The 300 Entertainmentの創始者で、USヒップホップシーンの最重要人物であると言ってもいいLyor CohenがYoutubeと音楽産業団体の間の摩擦を解消する役割に就く。

 

今年に入って著作権とロイヤリティと動画サイトについてアーティストの側から「おかしい」という声が上がっている。

Motley CrueのNikki SixxがYoutubeに対して正当なロイヤリティを支払うようにというキャンペーンを始めたり、Nine Inch NailsのフロントマンでApple Musicのチーフ・クリエイティヴ・オフィサーのTrent Reznorも「Youtubeは無料の、盗まれたコンテンツの上に成り立っている」と、Youtubeは批判されていた。

Taylor Swift、Paul McCartney、Vince Staples、Pusha TなどもDigital Millennium Copyright Act(デジタルミレニアム著作権法)の改正を求める署名にサインした。

そこでYoutubeは音楽業界の伝説的人物のLyor CohenをYoutubeのグローバル音楽事業部のトップに据え、この問題を解決しようとしている。ニューヨークタイムスが報じたところによると、彼の役割は「音楽業界が音楽とタレントをプロモートするために新しいテクノロジーを使用することを奨励する」ことだそうだ。もしくはCohen自身がYoutubeの従業員に宛てた手紙にあるように「音楽業界と協働し、混乱と不信感を取り去ること」なのかもしれない。

Timesによると、Cohenは今年12月まではFetty WapやYoung Thugが所属している300 Entertainmentに残るとのこと。

今週、メジャーレーベルは音楽リッピングサイトに対して多額の訴訟を起こしたばかりだ。

via The New York Times

related

Beats by DreとWACKO MARIAがコラボレーション | 舐達麻が新曲と共にキャンペーン動画に登場

Beats by DreがWACKO MARIAとコラボレーションしたBeats Flex『WACKO MARIA Leopard Limited Edition』が12/3(土)に発売される。

STUTSやミツメ、くるり、細野晴臣などのアーティストグッズを手がけるGungPangによるイベントが渋谷 PARCOで開催

渋谷 PARCOの3周年記念イベントの一環として、12/4(日)に『GungPang 祭』が開催される。

Hideyoshiが「亡き友」への想いを綴った新曲"Someday"をリリース

Hideyoshiがワンマンライブを前に新曲"Someday"を本日12/2(金)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。