「靴紐をむすぶ/ほどく」作業から人間を開放するNikeの新スニーカー「HyperAdapt 1.0」11月からアメリカで発売

『Back To The Future II』でマイケル・J・フォックスが履いていた、自動で紐を結んでくれるあの夢のスニーカー「Nike Air 2015 Kicks」がついに商品化される。

 

 

この夢のスニーカーは長年Nikeによって開発されていたが、ついに実際に商品化され、消費者の元に届くことになった。

Nikeの全く新しいHyperAdapt 1.0は靴紐を「むすぶ/ほどく」作業から我々を開放する。米国のWIREDのチャンネルに公開されたビデオで、Nikeの開発担当者のティンカー・ハートフィールド氏たちがHyperAdapt 1.0のコンセプトや動作を説明してくれている。ティンカー・ハートフィールドはBack To The Future IIに登場するスニーカーをデザインした人物でもある。

HyperAdapt 1.0の特徴は何と言ってもボタンをタッチするだけで、靴紐のような役目をするワイヤーが締まったり、ゆるんだりするようだ。しかもそれは靴紐を自動化するだけでなく、より高いフィット感を得られるという。

ソールに仕込まれたセンサーによって自動で重みを感じて、靴紐が足の形にしまるようだ。そしてタンの近くにあるボタンを押すことで、調節できることができる。

ヒールにはLEDライトが仕込まれており、締まる時とバッテリーが少なくなってきた時に知らせてくれる仕組みだ。もちろんワイヤーを締めたり緩めたりする時に使用する電力とこのLEDのための電力を充電しなくてはならない。

こちらから動画を見てみよう。

via, WIRED, The Verge

Nike(楽天)

related

NIKEがバーチャルとリアルで様々なアクティビティやコンテンツを展開していくプラットフォームNIKE TOKYO LIVEをスタート

Nikeがスポーツの新しい発見や楽しみ方を促すナイキの最新グローバルキャンペーン「Play New」の一環として、スポーツの力を信じるすべての人が集まりつくられるプラットフォームNIKE TOKYO LIVEを始動した。

UNDEFEATEDよりNIKE DUNKとAIR FORCE 1のコラボレーションシューズ第2弾が発売

UNDEFEATEDから、これまでに様々なコラボレーションを展開してきたNIKE と、2021年6月に発売した「DUNK vs AF 1」と名付けられたシリーズの第2弾で、過去にリリースされた DUNK と AIR FORCE1のカラーウェイを新たに落とし込んだ 2足のシューズが 8月7日(土)に発売となる。

NIKE SBがParraデザインによるフェデレーションキットを発表

NIKE SBがアメリカ、フランス、ブラジルに続き、日本のスケートボードのフェデレーションキットを発売する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。