tofubeatsが浪速のモーツァルトならぬ「神戸のモーツァルト」襲名?NHK Eテレ「クラシカロイド」でモーツァルトを担当

10月8日よりNHK Eテレにて放送をスタートするアニメ「クラシカロイド」(土17:30-)でtofubeatsが”ムジーク”プロデューサーとしてモーツァルトを担当する事が決定した。

 

クラシカロイドのあらすじ

音楽が盛んな地方都市に住む高校生・歌苗(かなえ)と奏助(そうすけ)の前に“クラシカロイド”のベートーヴェンとモーツァルトが現れ、奇妙な力を持つ音楽”ムジーク”を奏でる。そのムジークには奇妙な力があり、音楽が流れると星が降ったり、巨大ロボがあらわれたりと、毎日大騒ぎ…!

クラシカロイド

他のムジークプロデューサーには布袋寅泰、つんく♂、浅倉大介の参加が決定している。

6月に情報が公開された時にtofubeatsは以下のようにコメントを発表している。

クラシックがテーマ、というと堅苦しい感じがしてしまいますが、そんなことなんにも考えずに見たってきっと楽しいアニメになっていると思います。キャラクターたちのドタバタな日常と一緒に音楽も楽しんでいただければと思います。音楽とアニメを同時に楽しんでください!

以前よりファンからtofubeatsに「神戸のモーツァルト」やキダ・タローをもじった「なにわのテクノモーツァルト」などの名前が付けられていたが、まだしっくり来た名前は付いていないようだ。

第一話 「ベトとモツと音羽館」は NHK Eテレにて10月8日(土) 午後5時30〜55分放送。

related

【フォトレポート】『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫を舞台に開催された『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』。日本最大級のアーバンスポーツの祭典と銘打たれ、日本人選手の活躍で一躍人気となったスケートボードやBMX、今新たに注目されているブレイキンやパルクールなど、全6種目の世界的プレーヤーたちが一堂に会したこのイベント。

tofubeats Interviewed by in the blue shirt | 『REFLECTION』をめぐる雑談

tofubeatsが今月リリースした4枚目のアルバム『REFLECTION』は、これまでハイペースでアルバムをリリースしてきたtofubeatsだが、前作『RUN』から4年のスパンをかけて制作された。同時発売された初の書籍『トーフビーツの難聴日記』で明かされたように、今作は突発性難聴を発症したことをきっかけに鏡というテーマが導き出され、制作が進んでいった。

赤レンガ倉庫で入場無料で開催される『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』にどんぐりず、doooo、FNCY、JJJ、 KM、Lil’Leise But Gold、MONJU、SPARTA、STUTS、tofubeatsなどが出演

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫にて入場無料で開催される日本最大級のアーバンスポーツの祭典「YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022」のミュージックライブの全アーティストが解禁となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。