Danny Brown最新アルバム『Atrocity Exhibition』にはKendrick LamarとEarl Sweatshirtも参加!

ヒップホップというジャンルにとどまることなく活躍を続けるデトロイトの異端ラッパーDanny Brownが、Warp Recordsから最新アルバム『Atrocity Exhibition』を9/30にリリースすることが明らかになった。

『Atrocity Exhibition』には先行シングルとしてリリースされている"When It Rain"をはじめKendrick LamarとAb-SoulのTDE勢に、Earl Sweatshirtも参加した"Really Doe"、Kelelaがフィーチャーされた"From The Ground"など15曲が収録される。

プロデューサーには盟友Pail WhiteやEvian Christ、Alchemistなど個性の強い面々が名を連ね、またミキシングはTDEの傑作での仕事でしられるMixedByAliが手がける隙のない布陣となっている。

Warp Recordsからリリースされる『Atrocity Exhibition』は9/30にリリース。iTunesでアルバムを予約すると、公開中の"When It Rain"がいちはやくダウンロードできる。

<Release Info>

Danny Brown
Danny Brown - Atrocity Exhibition

Warp Records

予約はこちら:
beatkart: http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002098
iTunes: http://apple.co/2aZsLXG

商品情報はこちら:
http://www.beatink.com/Labels/Warp-Records/Danny-Brown/BRC-528/

Tracklist
1. Downward Spiral
2. Tell Me What I Don't Know
3. Rolling Stone (featuring Petite Noir)
4. Really Doe (featuring Kendrick Lamar, Ab-Soul & Earl Sweatshirt)
5. Lost
6. Ain't it Funny
7. Golddust
8. White Lines
9. Pneumonia
10. Dance In The Water
11. From The Ground (featuring Kelela)
12. When It Rain
13. Today
14. Get Hi (featuring B-Real)
15. Hell For It

related

BROCKHAMPTONがDanny Brownをフィーチャーした新曲"BUZZCUT"をリリース

グループとしての活動を一旦休止していたBROCKHAMPTONが、2019年のアルバム『GINGER』以来となるニューシングル"BUZZCUT"をリリースした。

Kendrick Lamarらによる新会社pgLangがCalvin Kleinとコラボしたショートフィルム8本を公開

昨年、Kendrick LamarやBaby Keem、ビデオディレクターのDave Freeらによって設立が報じられた新会社pgLang。そんな同社がCalvin Kleinとコラボして制作した8本のショートフィルムを先週公開した。

Kendrick Lamarのエンジニアが「彼には6枚アルバムを作れるだけの未発表曲がある」と明かす

長らく新作のリリースを待ち続けられているKendrick Lamar。アルバムは未リリースながらコンスタントに制作を行い続けているという彼は多数の未発表曲の存在が噂されているが、今回、彼のエンジニアをキャリア開始当初から務めているMixedByAliが未発表曲の数について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。