Larry Levanと伝説のクラブParadise Garageをテーマにした映画が製作中

DJカルチャーの歴史に名を残す伝説的存在Larry Levanと、彼がレジデントをつとめていた今もなお語り継がれるクラブParadise Garageを、テーマにした映画が製作されていることがわかった。

この映画の監督をつとめるのは2014年にParadise Garageをテーマにしたショート・ドキュメンタリー『What Is The Paradise Garage?』を制作したJonathan Ullman。『What Is The Paradise Garage?』は2014年に開催された22,000人もの人をあつめたParadise Garageのトリビュートブロックパーティーの参加者にParadise Garageの思い出をインタビューするという内容。

 

現在製作中の映画はイギリス出身の俳優Kobna Holdbrook-SmithがLarry Levan役をつとめ、これまでもJonathan Ullman監督とタッグを組んできたRayniel RufinoがParadise Garageの元スタッフでトリビュートパーティーの主催者Joey Llanosを演じる。

映画の公開時期はまだ未定だが、Ullman監督は公式HPで「Larry Levanは真のパイオニアだった。彼のように尊敬されるDJは後にも先にも一握りしかいない。LarryはDJの役割をアートにまで昇華して、すべての後進のDJにその道を切り開いたんだ。(...)彼のチャンスを恐れずに挑戦をし続けたDJスタイルが、私自身を含めて世代も国を超えたファンに愛され続けているんだ」とメッセージを発表している。

related

『mid90s ミッドナインティーズ』が国内でも大ヒットで公開劇場が拡大 | メイキング映像も解禁

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』が、メイン館である渋谷シネクイントや新宿ピカデリーではでは満席回が続出となり、大ヒットとなっている。興行収入は5,500万円となり9/25(金)から全国38館に拡大公開が決定した。

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

ソフィア・コッポラの最新作『オン・ザ・ロック』の公開を記念して35mmフィルムで『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を上映

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務め、Apple Original FilmsとA24が製作を手掛けるコメディ映画『オン・ザ・ロック』の公開を記念して、池袋・新文芸坐で10/9(金)から3日間限定で『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を35mmフィルムで上映する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。