DJ QuikがYGを提訴へ?

西海岸の新旧ヒップホップシーンを代表するアーティストの間で、壮絶なバトルが始まろうとしているのか?そのバトルはDJ Quikが6週間前にコンプトン出身のラッパーを訴えるかもしれないと警告のツイートをしたところから始まった。そして先週末にそのコンプトンのラッパーが今年来日も果たした若手の代表格YGだと判明したのだ。

先週末Quikは2014年にリリースされたYGの大ヒットチューン"My Nigga"に自分の名前がクレジットされていないのは間違いだとYGとYGのマネージメント会社に警告、弁護士が告訴する用意をしているとTwitterで投稿した(※現在は一連のTwitterの投稿は削除済み)。

 

さらにQuikはYGに対して「おれのエリアに来るときは気をつけろ」と挑発し、さらにはレーベルのDef JamやSnoop Doggも巻き込んで自分の正当性を主張した。

それに対してYGはQuikのツイートのスクリーンショットとともに「 Fuck The Police」とだけQuik宛に投稿した。

その後QuikはこれまでYGやマネージメントに対しておこなったツイートを全て削除。現在はInstagramの以下のポストだけが残っている。

Run me my money. #UbitchU

DJ QUIKさん(@djquik1)が投稿した動画 -

西海岸の新旧トップアーティストによる、このバトルは今後どのように展開していくのだろうか?

related

YGの2014年の楽曲“Meet The Flockers”が「反アジア系のリリックを含んでいる」としてアルバム『My Krazy Life』がストリーミングプラットフォームから一時削除

アメリカでは昨年から今年にかけ、アジア系の人々をターゲットとした暴力事件が多発し、大きな問題に発展している。そのような状況の中、YGの2014年のアルバム『My Krazy Life』に収録されている楽曲“Meet The Flockers”が問題視されている。

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。