シンセマニア垂涎。VRで360度から鑑賞するモジュラーシンセライブ映像

無数のケーブルによってつながれたモジュラーシンセの演奏を360度で視聴できる映像が、アメリカを代表するシンセサイザーメーカーのTiptop .AudioによってYouTubeに公開されている。
by Yuuki Yamane

モジュールシンセといえば、Aphex TwinやRicardo Villalobos、Jimmy Edgarなどが自身の作品で使用しているほか、1978年にKORGが発売した名器「MS-20」が2013年に復刻販売されるなど、古株のテクノファンのみならず若手のダンスミュージックファンの間でここ数年話題になっている。アナログマシンならではの無骨なルックスや流れるように点滅するランプは、シンセマニアにとってたまらないビジュアルだ。
映像では、4台のモジュラーシステムを用いたシンセの演奏シーンを見ることができるが、複雑に張り巡らされたパッチケーブルによってモジュールがコネクトしている様には、アートな機能美や一種のフェティッシュさを感じずにはいられない。また、VRゴーグルを使用すれば360度から視聴することもでき、まるでモジュラーシンセに全方位を囲まれたような不思議な高揚感を味わうこともできる。
360度映像でモジュラーシンセの宇宙に飛び込んでみてはどうだろう。

related

VRの仮想現実世界でDJをできるアプリ『Vinyl Reality』が登場

世界で初めて、VRを使用し仮想世界でDJができるアプリが登場した。VRを装着し、コントローラーを用いて、仮想現実の中で実際にDJができるようだ。

『VRDG+H』第4弾開催。宇川直宏率いるXXX RESIDENTSとのVRコラボレーションを実現

HIP LAND MUSICのクリエイティブ・ディビジョンINTとオーディオビジュアル表現のプラットフォームBRDGによるコラボイベント『VRDG+H』の第4弾が6/18に神奈川・横浜のDMM VR THEATERで開催される。

ビョークの「デジタルアバター」が姿と色を変えながら歌い踊るMV"Notget VR"

アルバム『Vulnicura』から"Notget"のMV。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。