VRの仮想現実世界でDJをできるアプリ『Vinyl Reality』が登場

世界で初めて、VRを使用し仮想世界でDJができるアプリが登場した。VRを装着し、コントローラーを用いて、仮想現実の中で実際にDJができるようだ。

アプリ『Vinyl Reality』は世界初のVRを使用するDJミキシングアプリである。ドイツ・ベルリンの『EntroPi Games』が現在開発中。早期アクセス用のアルファ版が公開されている。プロのDJでも、DJ未経験者でも誰でも、仮想現実の世界で本格的にターンテーブルでDJができるアプリになるとのこと。

VRグラスを装着し仮想現実の世界へ飛ぶと、目の前にはDJブースがある。2つのコントローラーを手に持ち操作することで、レコードを入れ替えたり、針を落としたり、ツマミを調整したりなどの、現実のDJと同じ作業が可能になる。

現在の主な機能は
・リアルな反応をする2つのターンテーブル
・チャンネルごとにEQ、PHL、ゲインを調整可能
・レコードケースの中からmp3ファイルをブラウズしてロード
・バーチャルヘッドホンで聞きながらCUEの設定や呼び出し
・精密で直感的なモーションコントロール
・ライブストリームやパフォーマンス用のオーディオ出力
・ミックスをWavファイルで書き出し可能

自分の部屋にいながらVRのヘッドセットをつければ、場所をとること無くバーチャルリアリティの世界の中で、仮想のターンテーブルを目の前にし、仮想のヘッドホンをつけて、仮想のレコードから自分のお気に入りの曲を選びミックスできるアプリ。今後プロのDJが仮想現実世界でDJパフォーマンスを配信する日が来るかもしれないと考えると夢が広がる。

エレクトロニック・ダンス・ミュージックが盛んなドイツのベルリンで、生まれた新たなVRゲームスタジオ『EntroPi Games』は、この『Vinyl Reality』が1作目のゲームとなる。プロのDJからフィードバックをもらいながら、より現実と変わらず違和感なくDJができるアプリを目指しているとのこと。

『EntroPi Games』が制作した『Vinyl Reality』はまだ開発途中だが、アーリーアクセス版で開発途中のアプリを購入することができる。まだ開発途中だが現段階で様々な人に体験してもらいフィードバックがほしいようだ。

RELATED

シカゴの乗り継ぎ駅にラジオ局とDJブースが誕生することに

さすがダンスミュージックの聖地といったところだろうか。シカゴの中心部を南北に縦断する路線Red Lineの95th Street駅が改良工事をおこない、駅構内にパフォーマンスのためのスペースやラジオ局とDJブースが設置されることになったと地元紙が伝えている。

69歳のオランダ人DJがTinderでモテるために年齢を49歳に変更できるよう法廷に訴える

やはり“若い”というのはどんな人にとっても魅力的なのだろうか。 オランダ人のDJ、Emile Ratelbandが自身の実年齢を69歳から49歳に合法的に下げるという異例の試みを行っている。なぜ、彼が年齢を下げようとしているのかというとマッチングアプリTinderの為だという。

Rane DJからロータリーやバトル用などDJミキサー3製品が新登場

Rane DJから、ロータリーミキサーやバトル用のミキサーなど、新たなDJミキサーが3種類登場した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。