映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』Awesome Mix Vol.2 収録の2曲が明らかに

マーベル・スタジオが製作する映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の劇中には、主人公の母親が70~80年代のヒット曲を集めて作った「Awesome Mix」というカセットが登場し、観るものをぐっと熱くさせる。そしてそのカセットを実際にサントラとして販売するなど、音楽ファンの話題を呼んでいる。そのサウンドトラックはビルボードチャートの1位を獲得したのだが、同時に「既存の曲のみで構成されたアルバムとして初めて1位を獲得」という前代未聞の記録も樹立した。その音楽が話題の映画の続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』で登場する2曲が開催中のコミコン・インターナショナルにて明らかになった。

Jay and the Americansによる1964年のヒットチューン“Come A Little Bit Closer”とFleetwood Macによる1977年のアルバム『Rumours』に収録されている”The Chain”の2曲が登場するという。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の一作目では70年代と80年代の曲が使用されたのに対して、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』では一作目以前の時代を描いているために、作中では60年代の曲が選曲されるのではないかと推測されている。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』は来年の5月にアメリカで公開予定となっている。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(楽天)

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。