YGのトランプdis曲第2章!G-EazyとMacklemoreをフィーチャーした"FDT part2"を発表

先日アメリカの共和党は正式にドナルド・トランプを大統領候補にすることを決定したが、その翌日ラッパーのYGは白人ラッパーのG-EazyとMacklemoreのヴァースを新たに収録した"FDT part2"を発表した。 YGがNipsey Hussleと共に大統領候補のドナルド・トランプを強烈に批判したトラック"FDT"はトランプ批判のテーマ曲になって全米に広がっている。YGが自身のアルバム『Still Brazy』にこの曲を収録しようとした際、米シークレットサービスが「この曲をアルバムに収録するな」とアドバイスと接触してきたほど、この曲は社会的な力も持っている。またMVの収録際も何百人とエキストラたちが集まってしまい、現地警察と小競り合いが起こった。まさに社会現象とも言えるだろう。

今回フィーチャーされた彼らは白人ラッパーであり、ドナルド・トランプを批判しているのは黒人やメキシカン以外の視点からトランプ批判がなされていることの証明にもなっている。 G-Eazyはドナルド・トランプの娘イヴァンカの名前を出すなど、トランプ・ジョークもすごいが、現在の大統領選挙の状況や警察による黒人射殺事件のこともリリックに織り込まれているので、Rap geniusでリリックもチェックしてほしい。

related

YGの2014年の楽曲“Meet The Flockers”が「反アジア系のリリックを含んでいる」としてアルバム『My Krazy Life』がストリーミングプラットフォームから一時削除

アメリカでは昨年から今年にかけ、アジア系の人々をターゲットとした暴力事件が多発し、大きな問題に発展している。そのような状況の中、YGの2014年のアルバム『My Krazy Life』に収録されている楽曲“Meet The Flockers”が問題視されている。

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

オバマ元大統領「ラップミュージックのビデオの中の成功はトランプ大統領と同じ」と語る

先日の大統領選挙では晴れてジョー・バイデン候補が勝利し、トランプ政権に終止符が打たれることが決まった。そんな中、バイデンが副大統領であった際に大統領であったバラク・オバマがインタビューの中で、ドナルド・トランプという存在について持論を語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。