人気ビートメーカーが掲示板サイトに登場しファンの疑問に答える

今週リリースされる予定のアトランタのトップラッパーGucci Maneのニューアルバム『Everybody Looking』。わずか6日で制作が終了したなどリリース前から話題になっている同作だが、そのGucciの新作にも深く関わっている二人の人気ビートメーカー、ZaytovenとMike WiLL Made Itが掲示板サイトRedditに登場しファンからの質問に答えた。

まず教会のビッグバンドのシンセサイザー奏者としても長い経験をもつZaytovenは、ファンから自身のトラックもフルオーケストラにしないのはなぜかと問われ、「自分のトラックからアーバンな空気感を排除しないために、フルオーケストラのトラックは作らない」と述べた。またZaytovenのフェイバリットなアルバムはNYのラッパーCam'ronの『Purple Haze』だと述べ、アトランタのラッパー以外だとCam'ron, Jadakiss, Fabulous, Jay Z、そしてKendrick Lamarと一緒に曲を作りたいとも付け加えた。さらにZaytovenはGucci Maneの多くのミックステープの中でランクをつけるならとの質問に『EA Sportscenter』と『Chicken Talk』、『Ice Attack』がベストだと答えている。

Zaytoven

またMike WiLL Made Itはリリースが遅れている『Ransom 2』について8月の下旬か遅くても9月にはリリースされると述べている。これは『Ransom 2』にはGucci Maneを参加させるためにリリースが延びていたためで、その収録が終わったとみられる。またMike WiLLは今後もZaytovenとのコラボワークをしていくかについて「もちろんだ」と答えている。

またZaytovenは砂漠でもう一人誰かアーティストと取り残されるなら、誰とがいいとの質問に「Nicki Minaj」と答えその回答には多くのRedditユーザーからも同意の声が上がっている。すべての質問はRedditでチェックできる。

 

 

related

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

Chief KeefとMike WiLL Made-Itによるコラボアルバムがリリースへ | 先行シングル"Bang Bang"を発表

先日25歳の誕生日を迎えたばかりのChief Keefと、2010年代を代表するプロデューサーの1人であるMike WiLL Made-Itがコラボアルバムをリリースすると発表した。

Mike Will Made Itが「Swae Leeが次のアルバムのために700曲以上を作った」と語る

ラッパーが制作した楽曲の数について過剰な数字を言うことで、技術や制作スピードの速さをフレックスすることは珍しくない。例えばYoung Thugは以前「これまでに15000曲をレコーディングした」との発言を行なっており、またAnderson. Paakの「65000曲のストックがある」という衝撃の言葉も話題を呼んだ。今回、ニューアルバムの制作を終えたばかりのSwae LeeについてMike Will Made Itが驚くような発言をしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。