アメリカの警官による黒人殺害に対するBeyonceの声明文(日本語訳)

Beyonce/facebook

警察による黒人殺害や暴力を正当化する人種差別に対して、アメリカ国内だけでなく、世界中の人々が"Black Lives Matter"と声を上げている。

日本語訳/文 横山 純

7月5日未明、ルイジアナ州バトンルージュのコンビニの外でCDを販売していたアルトン・スターリングは、警官に突然取り押さえられ胸と背中を撃たれ死亡した。

7月6日、ミネソタ州セントポールでフィランド・カスティールは運転中、警察に停止命令を受け、そのまま無抵抗のうちに数発撃たれ命を断った。2人共、無実の罪で、しかも警官に対して抵抗した様子もないまま射殺されたと目撃されている。

この痛ましい事件に際してDrake、Chuck D、Wiz Khalifaらのアーティストも自身の考えを表明した。もちろん"Formation"で黒人と女性をエンパワーメントしたBeyonceも自身のウェブサイトに長文の声明文を公開した。

私たちのコミュニティの若い人たちが殺されることにほとほと疲れて、うんざりしてる。
立ち上がり、『殺すことを止めろ』と態度をはっきりさせるかどうかは私たちにかかっています。

私たちは同情を求めていません。
私たちの命に尊厳を払ってほしいのです。

私たちは一つのコミュニティとして立ち上がります。そして私たちを守ると誓った警察による殺人やあらゆる種類の暴力が首尾一貫無く罰せられるべきでないと信じる人達に対して戦います。

そんな私たちの命を奪っていくやつらのせいで、無力感と絶望感を感じてしまう。けど、次世代の権利のために、次世代の善き人々のために、闘い続けていると信じなければいけません。

これは人間としての闘いです。人種、ジェンダー、性的嗜好、関係ありません。社会から排除されていると感じ、自由と人権のために必死になっている人たちのための闘いなんです。

警察官に対するお願いなどではありません。命の重みが分からない人たちへのお願いです。有色人種やマイノリティに対する戦争は終わらせるべきです。

恐怖は言い訳になりません。憎しみは必ず敗北するでしょう。

私たちはみんな、怒りや失望を行動へと変えることができます。声を上げるべきです。地域の政治家や議員に連絡し、社会的、法的変革を要求しましょう。

アルトン・スターリングとフィランド・カスティールのご家族に祈りを捧ながら、私たちのコミュニティの中にはびこる不正義に終止符が打たれるように祈りましょう。

あなたの地域の政治家や議員に連絡して下さい。必ずや声を聞いてもらえるはずです。

Beyonce

そして、議員の連絡先一覧へのリンクと、警察による殺人が起った地域の議会へのリンクが貼られている。

声明文はhttp://www.beyonce.com/で読むことができる。

related

【コラム】 Asian Hate Crimeを知る | アメリカで何が起きているか?

東アジア系と思しき老人が歩いていたら、フードを被った男性が後ろから近づいてきて、いきなり殴り倒した。1月、カリフォルニア州サンフランシスコとオークランドの路上で別々に起きた、よく似た事件を捉えた防犯カメラの映像が、SNSを席巻した、これを見て、体内の血が冷えるような思いをしてから2カ月。ジョージア州でアジア系が経営するマッサージ店など3店舗を立て続けに狙った乱射事件がおき、アジア系の女性6人と白人の男女一人ずつ、8人の死者が出る惨事となった。

Megan Thee Stallionの“Savage”のBeyoncéによるリミックスがリリース|ポルノサイトがBeyoncéによってネームドロップされたことも話題に

今年はレーベルとの契約問題等を乗り越えアルバム『SUGA』をリリースし、スターとしての地位を確立しつつあるMegan Thee Stallion。そんな彼女の楽曲“Savage”に、なんとBeyonceが参加したリミックスバージョンが今週水曜日にリリースされた。

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。