adidas x Parley 違法漁業用の網をスニーカーに再生

近年、太平洋沿岸で国際条約に違反した違法漁業が問題となっている。adidasとPARLEYはその問題を世間に広く知ってもらうために、あるスニーカーを作った。

PARLEYは海洋環境保全のためのプロジェクトとしてスタートし、クリエイターや研究者、さまざまな分野のリーダーが海の美しさを伝え、保護していくためのプラットフォームとして機能している。

adidas parley

adidasはPARLEYと協力し、漁業用の網からスニーカーを作るプロジェクトを立ち上げた。
このスニーカーに使用されている糸は、シーシェパードが回収した南太平洋で行われている違法しらうお漁の網からできている。

adidas parley

adidas parley

このスニーカーはadidasの最新技術によって縫製され、この縫製技術はアスリートたちのニーズに応えることができるユニークなデザインを可能にしている。

adidas parley

adidas parley
販売方法や価格などは現在のところ未定。

adidas

related

MIN-NANO/TOXGOの中津川吾郎ディレクションのVANS 「HOLIDAY GIFT」 SUEDE PACKが登場

Vans Japanから2022年のホリデーシーズンを締めくくるオールスエードのパッケージが登場した。

StüssyとNikeのコラボレーションでAir Penny IIが登場

1996年に初登場したAir Penny IIが、StüssyとNikeのコラボレーションモデルとして発売される。

Stone Islandからサッカー、グライム、UKロックから着想を得たスニーカーが登場

Stone Islandから3種類の新作スニーカーが登場した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。