Mr. VegasがDrakeを批判。しかし当のBeenie ManやPopcaanはDrakeを擁護

“Too Good”や“Controlla”などダンスホールレゲエの影響が顕著に見える楽曲を含むスタジオアルバム”Views"を発表したDrakeがダンスホール・レゲエのアーティストMr. Vegasの批判にさらされている。しかしDrakeとコラボしたPopcaanやBeenie ManらはDrakeを擁護した。

先週ニューヨークのHot 97に登場したジャマイカのアーティストMr. Vegas。彼は「Drakeはジャマイカのアーティストがクレジットしていない。ダンスホール・レゲエに対するRespectが足りない」Drakeを批判。

実際 “Controlla"や“Too Good”などのサンプリング元として、そしてボーカルでの出演を果たしたPopcaanやBeenie Manの名前は60数名のアルバムクレジットに名前はあるものの、Mr. Vegasが言うように’Too Good featuring Rihanna and Popcaan’とはクレジットされていない。そういう意味ではMr. Vegasの批判はいくらばかりかは的を得ているかもしれない。

しかしながら、Beenie ManはBillboardのインタビューにて、「みんなダンスホールレゲエ・カルチャーの一部分になりたがってる。いまやダンスホールはそういう文化だよ」と語る。

そしてPopcaanはMr. Vegasの批判を受けて「 Drakeを冒涜するのはやめろよ。Unruly(Popcaanのクルー名/レーベル)とOVOについて何も知らないだろ。お前がPopcaanを擁護する必要はないよ。助けもいらない」と語った。

related

Drakeが製作総指揮、Zendayaが主演するドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』がU-NEXTで配信

HBOが気鋭スタジオA24とタッグを組み、Drakeが製作総指揮をとったドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』が、本日6/30(水)からU-NEXTで独占配信開始となった。

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。