Kanye Westが最新マーチャンダイズを自身のサイトで発売開始

先日はNBAの名プレイヤーKobe Bryantの引退に合わせてロングスリーブTシャツをリリースしたKanye Westがまたもや自身のサイト上で新作を発売した。

今回は自身の新作アルバム『TLOP』に収録されているMadlibプロデュースのトラック”No More Parties In LA”の文字が赤字でプリントされている白のロングスリーブTシャツとなっている。こちらはサイズSからXXXLまで用意されていて1枚90ドルとなっている。購入は下記リンクから可能

related

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

Kanye Westが離婚に伴う引越しで約1トンにも及ぶスニーカーコレクションを移動させるとの報道|「Sunday Service」スタッフへのギャラの未払いで訴訟も

進学や就職、あるいはパートナーとの別れといった人生の転機と共に、引越しを行った経験のある方も多いだろう。しかし、そんな時に厄介なのが荷物の移動だ。中でも洋服やスニーカーを集めている方はパッキングや移動に骨を折ることとなるが、ファッションを牽引する存在であるKanye Westは、やはり桁違いの苦労を抱えているようだ。

adidasとKanye Westのコラボから人気モデル『YEEZY BOOST 350 V2』が再登場

adidasとKanye Westのコラボレーションから、人気モデル『YEEZY BOOST 350 V2 Core Black/ Core Black/ Red』が抽選販売で再登場する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。