グライムのオリジネーターWileyがニューアルバムの詳細を発表

グライムの創始者の1人であるWileyが9月に発売されるアルバムのトラックリストを発表し、そして彼の自伝本を11月に出版することを明らかにした。

2014年の"Snakes and Ladder”に続く彼の9枚目のアルバム『Godfather』は、19曲入りアルバムであることがi-dにて発表された。ラッパーのLady LeshurrとChipも参加することがWileyのツイートから伺えるが、どのトラックに参加するかはまだ明らかになっていない。

自伝とアルバムの発表と同時期に、Dizzee RascalやCrazy Titchなどのレジェンド級のグライムアーティストをフィーチャーした映像作品も公開される予定だ。

GodFather full track list:

1. Air And Water

2. GodFather

3. Namebrand

4. Back With A Banger

5. Can’t Go Wrong

6. Come Home

7. Poppin

8. Haze

9. Can’t Hide It

10. My Direction

11. That’s Hype

12. Hard Done By

13. Like It Or Not

14. I Can Do It

15. Laptop

16. U Were Always Pt 2

17. Peak 4 A Brudda

18. Standby Remix

19. P Money Remix

related

「25歳以下の音楽ファンの内15%がアルバムを通して聴いたことがない」とする調査結果が発表

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが一般的になり、プレイリストや楽曲単位での聴き方が主流となりつつある昨今。それに伴いアルバム単位で音楽を聴く人が減ったとの意見も頻繁に見られるが、今回、若いリスナーがどのように音楽を聴いているかを調査した結果が発表された。

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

ロンドンに24時間営業のクラブ『FOLD』が今夏オープン

「オーディオと映像のパフォーマンススペースと、スタジオの集合体」と表現される『FOLD』が8/18にオープン予定。ロンドンの工業地帯にある印刷工場の上に作られたこの施設で、600人キャパのナイトクラブと音楽スタジオが共に24時間営業されるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。