Spotifyのアカウント情報がオンライン上に流出

メールアドレス、ユーザー名、パスワード、アカウントタイプなどを含む、Spotifyのユーザーアカウント情報が数百件、テキストデータ保存サイトPastebinに投稿されていたと、Techcrunchが4月25日に報道した。

Spotifyのアカウント情報が何者かによって流出

数百のSpotifyに登録する有料アカウント情報が、Pastebinに投稿されていることが発見された。その情報には、プレミアムユーザーの基本的なログイン情報、更新日、アカウントタイプなどが含まれるという。

Techcrunchの調査によって、最低でも80人のユーザーが自身の情報が危険に晒されていたことが明らかになった。聞き取り調査を受けたユーザーの一人は、「再生したことない曲が、最近再生した曲のリストに入っていた。だからパスワードを変更して、すべての機器からログアウトした」と答えた。

SpotifyのスポークスマンはTechcrunchに「Spotifyから情報が漏えいした事実はなく、ユーザー情報は安全である。SpotifyはPastebinやその他のサイトを巡回して監視している。Spotifyのユーザー情報を発見したら、すぐさまその情報が本物であるかどうかを確認し、もし本物であると認められた場合には該当ユーザーにパスワードを変更するように伝えている」と語った。

related

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

Apple MusicがDJミックスに使用されている音源を特定し権利者に適切に支払いを行う新システムを開発

Apple MusicがDJミックスで使用されている楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。