男子学生が偽物のYeezy Boostsを意中の相手にプレゼントしてしまうハプニング

毎年4月、アメリカにはPromの季節がやってくる。高校卒業を間近に控えた学生たちは、Promと呼ばれるダンスパーティにカップルで参加するために、お相手を探すために四苦八苦している。男の子は意中の女の子をダンスにどうやって誘おうか、女の子はどうやって返事しようか、と甘酸っぱい悩みで頭が一杯だ。

高校生以外の人たちも、この”Promposal”(プロムとプロポーズの造語)を毎年楽しみにしている。彼らも学校の外から、Youtubeにアップされるサプライズ告白ビデオを見たり、Twitterに投稿される「告白されました!」というツイートを見付けては、あーだこうだ言うのが毎年恒例になっている。今年もPromposalをウォッチしている人たちの期待を裏切らない画像がRedditに投稿され、話題となっている。

その話は、ある男子学生が意中の相手にプレゼントを渡して告白する、というありきたりなストーリーなのだが、そのプレゼントはひと味違っていた。驚くべきことに、その男子学生は、Kanye Westとadidas originalsがコラボレーションして制作したYeezy Boosts 350sを女の子にプレゼントしたのだ。Yeezy Boosts 350は、発売当時、定価200ドル、日本では税抜き28000円で販売されたものの、現在は新品が10万円以上で取引されているレア物。

彼女の気を引いたのはそれだけではない。Yeezyの外箱の蓋の裏側に”Prom would be Yeezy with you by my side…Prom?(僕の横に君が居てくれたら、Promなんて楽勝だよ。Prom?)”と、軽く韻を踏んだ愛のメッセージを仕込んでいた。これでは彼女が舞い上がるのも仕方ない。男子学生がYeezy Boosts 350と愛のメッセージ付きの箱を持つ画像を、Twitterに”Unreal(ありえねー)”とコメント付きでアップした。

しかし喜んだのもつかの間、ある正直者で気を利かせたTwitterのユーザーが、そのYeezy Boostsが偽物であることを証明する画像を彼女に送り、彼女にそれが偽物であることを知らせてしまった。その後、彼と彼女がどうなったかは明らかにされていない。

その一連のやり取りを見たウォッチャーたちは「それもそのはずYeezy Boosts 350がいくらすると思ってるんだ」と呆れてみたり、「箱もジョーダンのやつじゃねーか」と指摘したり、「おれもPromの時、ガールフレンドに数万円使ったよ」と自分の思い出を語ったりしている。

今年の夏、adidasからYeezy Boost 750の新色が発売されると噂されているが、次こそ意中の相手に本物のYeezyをプレゼントして、恋を実らせてほしい。

Adidas Originals(楽天)

related

adidas OriginalsとBeyoncéのIVY PARKによるセカンドコレクションが発表

adidas OriginalsとBeyoncéが手掛けているブランドIVY PARKのセカンドコレクションが、10/29(木)から先行発売される。

2 Chainzの新作をKanye Westが全曲プロデュースする予定であったことが明らかに

来週金曜日にニューアルバム『So Help Me God』をリリース予定の2 Chainz。そんな彼が、Kanye Westとアルバムを制作するプロジェクトを始動させていたことを明かした。

BILLIONAIRE BOYS CLUBとReebokによる伝説のバスケットプレーヤー・アレンアイバーソンのアイコンモデルQUESTION LOWとのコラボレーションが登場

Reebokが、Pharrell Williamsらが率いる人気アパレルブランドのBILLIONAIRE BOYS CLUBとコラボレーション した「BILLIONAIRE BOYS CLUB ICECREAM × REEBOK QUESTION LOW」を2020年10月 30 日(金)に発売する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。