Seven Davis Jrの新作EPから”Church”のミュージックビデオが公開

ハウスやディスコ、ヒップホップまでを自在に行き来する音楽性の幅の広さとソウルやジャズからの影響を感じさせる遊びのきいたサウンドで注目を集めているLAのアーティスト、Seven Davis Jr.がNinja Tuneから新作EP『Dancing On The Sun 』を5/26にリリースすることを発表し、収録曲”Church”のミュージックビデオを公開した。

同曲はスムースなディープハウスを基調にしつつもジャズやロックの要素が自由に現れてくるトラックとなっていて、同レーベルからアルバムをリリースする予定のMax Graef & Glenn Astroとも呼応する部分を感じさせつつもSeven Davis Jrのもつソウルやファンクの影響の大きさを感じさせてくれる。『Dancing On The Sun 』は5曲入りでリリースされる。

related

Sasquatchfabrix.とNinja Tuneのカプセルコレクション「NINJA BUSHI」が登場

1990年にColdcutによってロンドンで設立された音楽レーベルNinja Tuneの30周年を祝してSasquatchfabrix.がカプセルコレクション「NINJA BUSHI」を製作した。

Sasquatchfabrix.とNinja Tune、BEAMSによるトリプルコラボアイテム

東京を拠点とするブランドSasquatchfabrix.と、UKのエレクトロニックミュージックなどを先導してきたNinja Tune、そしてBEAMSによるトリプルコラボアイテムが3/16にBEAMS 原宿に発売される。 和とスケートなどのストリートカルチャーを、独自の方法でブレンドしてきたS...

英メディアFACTのMIXコーナーに寺田創一の盟友横田信一郎が登場

横田信一郎による1時間の珠玉のミックス

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。