英メディアFACTのMIXコーナーに寺田創一の盟友横田信一郎が登場

伝説的なハウスミュージシャンとしてその存在が知られる寺田創一。2015年、90年代以前に寺田が制作したトラックをRush Hourがまとめた『Sounds From The Far East』 が発売されると寺田創一は国内外からブッキングの嵐。ヨーロッパ、世界ツアーを行い、世界中のファンたちを熱狂させていいる。

日本のクラシックハウス再評価の熱が高まると共に、寺田のレーベルの看板アーティストであり、その寺田の長年の盟友である横田信一郎は昨年末アルバム『Do It Again And Again』をリリースした。

その横田が毎月リリースされるFACTのMIXに登場。寺田創一との共作"Do It Again"や"Gotta Have House"、リミックスなどを含む1時間のハウスクラシック。

本日中にFACTには横田信一郎のロングインタビューも掲載される。

related

日本のハウスミュージックのパイオニア寺田創一とShinichiro YokotaによるレクチャーがTHE STAR FESTIVALで開催

明日5/19に京都・スチール®の森でMathew JohnsonやAxel Bomanなどを迎えて開催される、ダンスミュージックフェス『THE STAR FESTIVAL』で、日本のハウスミュージックのパイオニアの寺田創一とShinichiro Yokotaによるレクチャーが開催されることになった。

FACT. とArkitipのカプセルコレクションを記念したイベントにBeastie BoysのMike Dが来日

DC ShoesやDroorsなど、90’s スケートカルチャーを代表するブランドの創設に携わってきたDamon Wayが新たに立ち上げたDIYカルチャーをテーマにしたブランドFACT.が限定生産のアートマガジンの出版とサブカルチャーのキュレーションで知られるArkitipとのカプセルコレクションをリリースする。

UK新時代を切り拓くレーベルSwing TingがFACT MIXを公開

イギリスのマンチェスターで活動するレーベルでありプロデューサーデュオのSwing TingがFACTのマンスリーMIXシリーズに登場。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。