Tommy Kruiseによる『Memphis Confidential』の第2弾がリリース

カナダはトロントを拠点にテキサスなどのダーティーサウスサウンドを昇華したビートで高い人気をほこる、Toomy Kruiseが2012年にリリースしたビートテープ『Memphis Confidential』の続編が自身のSoundcloudでリリースされた。

このビートテープのリリースに際してThumpがインタビューしたところによると、この作品はKruiseが「睡眠時無呼吸症候群と戦いながら作った最後の作品で、自分で持ってるメンフィスの誰も知らないようなラップのテープを探し返して、誰も使ってないサンプルを使った」と答えている。さらに加えて「本当はもっと自分でメロディーや作曲をしたいんだけどやっぱりサンプリングが好きなんだ。今回の作品はトラップやチョップドアンドスクリュードがメインだけどエモーショナルな部分も入ってるし、パーティーチューンもある」と答えている。またDr Dreに影響されてトラックメイクをスタートしたことや、そこからすぐにアトランタやヒューストン、ダラスのラップを聴き始めたことを述べている。インタビューはこちらから読むことができる。

related

THROWBACKからMASTERPIECE SOUNDのDJ KIXXXによる00年代ダンスホールクラシック満載のMIXテープとTシャツがリリース

THROWBACKからMIXテープ『2K DANCEHALL Mixed by DJ KIXXX from MASTERPIECE SOUND』とTシャツがリリースされた。

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。