日本300台限定のテクニクスの新型レコードプレーヤーが、わずか30分で完売

4月12日にパナソニックはレコードプレーヤー「SL-1200GAE」(税込35万64000円)の予約を受付を開始したが、30分で家電量販店などからの注文が殺到し、国内販売台数の300台を完売したと報道された。

パナソニックが一度撤退したしたアナログレコードプレーヤー市場に再登場したのが2015年末。数年間、名機と呼ばれるSL-1200を一から設計しなおし、新たなモデル「SL-1200G」を開発してきた。

 

2016年のCES2016にてSL-1200Gを発表し、その新製品の部品をグレードアップした特別仕様の記念モデル「SL-1200GAE」 も同時に発表。SL-1200GAEは世界限定1200台。日本には300台が流通する。2016年が終わるまでには通常モデルも購入できるようになる。レコードの売上がここ5年間連続で伸び続けている国内市場が、これらの新製品の投入でさらに活性化していくだろうか。

Via 産経

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

Red Bullが「Walkman」とTechnicsの「SL-1200」を題材とした長編ドキュメンタリー映像を公開

世界を変えたふたつの日本企業の製品、Sonyのポータブルカセットプレイヤー「Walkman」と、Technicsのターンテーブル「SL-1200」を題材とした長編ドキュメンタリー映像『Playing it Old School』が、YouTube及びRed Bull TVで公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。