Jack Uがグラミー賞で二冠を獲得し、Justin Bieberとのステージを披露!

2016年2月15日(アメリカ時間)に開催された第58回グラミー賞授賞式でDiploとSkrillexのユニット、Jack Uがベストダンス/エレクトロニックアルバムとベストダンスレコーディングの2部門を受賞!授賞式ではベストダンスレコーディング曲"Where Are U Now"のボーカルを務めたJustin Bieberと共にパフォーマンスを披露した

ライブパフォーマンスではSkrillexがギターをプレイし、Diploがティンパニを叩くという生演奏のバンド形式で"Where Are U Now"を披露。そのパフォーマンスをSoundcloudに早速アップしている。またJack UのYoutubeチャンネル上に受賞スピーチをアップしている。最優秀レコード部門ではMark Ronsonの"Uptown Funk"が受賞している。第58回グラミー賞の全受賞リストはこちらでチェックが可能。

related

BALENCIAGAがKaty Grannan撮影によるポートレートシリーズを公開 | Justin Bieberも登場

BALENCIAGAがアメリカの写真家Katy Grannanが撮影したポートレートのシリーズを公開した。

2021年グラミー賞の受賞者が発表|Megan Thee Stallionが最優秀新人賞、H.E.R.が最優秀楽曲賞を受賞

今年もいよいよ幕を開けたグラミー賞の授賞式。以前よりそのノミネーションが批判の対象となり、The weekndがボイコットを表明するなど例年と比べ波乱の展開を見せた今年のグラミー賞だが、その受賞者が発表となった。

今年のグラミー賞候補に対する批判についてレコーディングアカデミーが声明を発表

いよいよ発表となった2021年グラミー賞のノミネート。毎年大きな注目を集めるアメリカ音楽業界の祭典だが、今回はノミネートされた作品やアーティストに対し、多くの批判や疑問、不満が寄せられている。特にヒップホップやR&Bのノミネート作については例年以上の批判の声が上がっているが、そんな中、賞を主宰するレコーディングアカデミーがこれらの反応に対し返答を行なっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。