Will.i.amが「ヒップホップは誰でも簡単に出来る音楽ジャンルになってしまった」と批判

ヒップホップに影響を受けたポップなエレクトロサウンドで一斉を風靡したBlack Eyed Peas。今年の10月には8年ぶりのアルバム『MASTERS OF THE SUN VOL.1』をリリースした彼らのリーダーであるWill.i.amが現在のヒップホップシーンを批判している。

Rolling Stoneのインタビューにて、Will.i.amは「ヒップホップは簡単な音楽になりすぎてしまった」との持論を展開。「世界で一番簡単なスポーツはなんだ?サッカーだ。なぜなら誰でもプレイできるから。ヒップホップの問題点は誰でも出来ることだよ。今ヒップホップをやるにはスキルも何も必要無い。低い位置になってるフルーツみたいなものだ」と語る彼は、ラップスキルが重視されず人口が増えてきた現在のヒップホップシーンを問題視しているようだ。彼は「RakimやNasのレベルに達する者はおらず、ディープで比喩に満ちた曲も無い。Nasたちにリスペクトが無いなら、それをヒップホップと呼ぶのをやめよう。ラップって呼ぶんだ。でも、インストの音楽はこれから来るだろうね」という言葉からは、スキルを磨くことと先人へのリスペクトがヒップホップの本質だと彼が考えていることが分かる。

オールドスクールなヒップホップを好むリスナーやベテランのプレイヤーからは同様の意見がしばしば聞かれるが、確かに現行のラップシーンにスキルを軽視する傾向があることは確かだ。Black Eyed Peasの初期まではハードコアなスタイルで知られていたWill.i.amだけに、90年代のラップには並々ならぬ思い入れがあるのかもしれない。

RELATED

CLがBlack Eyed Peasの新ボーカルに抜擢との報道

昨年アメリカデビューを飾った元2NE1のCLがBlack Eyed Peasの新ボーカリストに抜擢されるとの報道が、韓国国内で流れている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。