【特集】The Weeknd初来日記念 | UNA、加藤ミリヤ、橘慶太、向井太一、RIRIが選ぶThe Weekndの1曲

12/18(火)に幕張メッセで待望の初来日公演を行う、The Weeknd。2011年に自身のレーベルXOから3本のミックステープをリリース、ノベルティーともいえる艶のある耽美なサウンドを武器にR&Bシーンのトレンドセッターとしての地位を確立した。

ポップフィールドにも進出し、2013年にリリースした初のコマーシャルアルバム『Kiss Land』は全米初登場2位を記録した。その後もリリースを重ね2016年にリリースした4枚目のアルバム『Starboy』ではDaft Punkをフィーチャーしたタイトルトラックも大ヒットとなった。

メランコリックでエモーショナルな音楽性を軸にしつつも、より幅広い現代のポップシーンを代表するアーティストとなったThe Weeknd。

待望の初来日公演を前に、FNMNLでは特集企画を展開。モデルやDJとしても活躍するUNA、ニューアルバム『Femme Fatale』を今年リリースした加藤ミリヤ、w-inds.のメンバーでありソロでも活躍の幅を広げている橘慶太、11月にニューアルバム『PURE』をリリース予定の向井太一、2ndアルバム『NEO』がひかえているRIRIの5名が、The Weekndのフェイヴァリットな楽曲をピックアップ。

UNA

フェイヴァリットな1曲

"I Feel It Coming feat. Daft Punk"

コメント

キャッチーなメロディーと様々な解釈ができるリリック、水原希子さんが出演されてる70年代の映画のようなMVも好きです。The Weekndはエモーショナルで甘い歌声が聴く人を一発で好きにさせてしまう感じ。初来日が発表された時から当日をとても楽しみにしています。今年リリースされたEPも聴きごたえたっぷりだったので生の声をきけるのをたのしみにしています。

加藤ミリヤ

フェイヴァリットな1曲

"Belong To The World"

コメント

2013年に『Kiss Land』という彼のアルバムを買い、その中で一番ヘビロテした曲。
イントロから衝撃を受けました。ハードな音と彼の甘い声のミスマッチが心地いいです。
ミュージックビデオは日本からインスパイアされています。他にも"Kiss Land"という曲も日本インスパイアなので必見です!1stアルバムからCDを買っているファンです。
これほどまでに世界でブレイクする前に度々彼はプライベートで来日していたので、
きっとThe Weekndは日本が好きなのでしょう!今回ついにこうして大々的に日本に来てライブをやってくれる日が来たこと、当日最高な歌を聴かせてくれることを心から楽しみにしています!

橘慶太

フェイヴァリットな1曲

"Can't Feel My Face"

コメント

この曲を聞いてThe Weekndを好きになりました。唯一無二の歌声で力強くも美しい歌声が来日公演で聴けるので是非沢山の日本の方々に聴いていただきたいです。映像などでしかまだ見た事ないですが、ステージ、照明、音響、どれをとっても世界一のチームの作り上げるステージを僕も楽しみにしています。

向井太一

フェイヴァリットな1曲

"Kiss Land"

コメント

当時、日本で撮影したアブストラクトなミュージックビデオが衝撃的でした。前衛的なサウンドにワクワクしたのを思い出します。The Weekndはドロップアウト寸前から這い上がり、再びメジャーと契約を掴んで大ヒットを連発するなんて、いちアーティストとして尊敬します。ライブも海外の大きなフェスでトリも務めて評価も高いので、圧巻のパフォーマンスを是非とも観てみたいです。

RIRI

フェイヴァリットな1曲

"Pray for me"

コメント

この曲を聴いた時、Weekndだ!と彼のバイブスを感じました。彼の代表曲である"Starboy"を引き継ぐようなバイブスが好きだし、キャッチーなメロディーとベースの特徴的なサウンドもクール!映画『ブラックパンサー』で使われた楽曲で、楽曲、詞、共に戦いに挑む力強さも気に入っています。1番にあげるならやはり声。透き通るハイトーンボイスが特徴的で、彼の歌だと知らなかったとしても声を聞けば彼とすぐわかるような素晴らしい歌声。
彼の才能は一気にみなさんを虜にして行った印象です。今回の来日でさらに多くの人がまた彼の虜になるのではないかと楽しみにしています!!!

Info

The Weeknd ASIA TOUR LIVE IN JAPAN
幕張メッセ 国際展示場ホール 9~11
2018 年 12 月 18 日(火) open 17:30 / start 19:30
<チケット情報>
VIP SS 席 ¥48,000(税込) Soldout
前方中央ブロック指定席 / VIP グッズ付き / VIP ラミネートパス / VIP 専用入場ゲート / 物販優先レーン
※入場の際、ご本人確認をさせていただきますので「写真付き公的身分証明書」をご持参ください。有効期限内のもので、コピー、写真や画像データは不可になります。 ※お申し込みいただいたお客様の氏名がチケット印字されますので、必ずご来場いただく方の氏名でお申し込み・ご購入をお願いいたします。なお、同伴者様は必ず同時入場をして下さい。同伴者様のみでの入場は不可となります。
※クレジット決済のみでの販売になります。
※VIP グッズ/VIP ラミネートパスは入場時にお渡し致します。
VIP S 席 ¥24,000(税込)
前方指定席 / VIP ラミネートパス / VIP 専用入場ゲート
※VIP ラミネートパスは入場時にお渡し致します。
S 指定席 ¥12,000(税込) スタンディング ¥8,800(税込)
※6 歳未満入場不可・6 歳以上有料
※VIP SS 席:お一人様 4 枚まで / その他:お一人様 8 枚まで
※VIP SS 席:お支払いはクレジット決済限定となります。
※VIP S 席 / S 指定席 / スタンディング:お支払いはコンビニ(ぴあ:セブンイレブンのみ / イープラス:ファミリーマートのみ)限定となります。なおコンビニ店頭でのお支払いの際、クレジットカードがご利用いただけます ※先行販売で規定枚数に達し次第、随時受付を終了させて頂きます。その場合、一般発売はございませんので予めご 了承ください。 ※チケットの破損・紛失・公演日当日チケット忘れ等、いかなる理由でもチケットの再発行は行いません。

□主催・招聘・企画制作:H.I.P. / LIVE NATION JAPAN
□共催:日本テレビ
□後援:J-WAVE / InterFM897
□協力:ユニバーサルミュージック合同会社 / ぴあ / イープラス

https://www.hipjpn.co.jp/live/theweeknd

RELATED

RIRIのニューアルバム『NEO』に収録される清水翔太をフィーチャーした"Forever"が完成

2月にメジャーデビューアルバムをリリースしたRIRIはハイペースで11/28(水)に2ndアルバム『NEO』をリリースする。

【フォトレポート】DIESEL HAɄTE COUTUREスペシャルイベント

今季のDIESELが手がけているキャンペーン『HAɄTE COUTURE』。ネット上の誹謗中傷に対して、皮肉や不遜な態度で応じれば、それによって痛手を被る可能性は小さくなるはずと考えアイロニカルなメッセージを込めたコレクションは、他人を攻撃せずにはいられない人々の力を削ぐことだけを目的としてデザインされている。

PUMAとThe Weekndによる最新コレクション

PUMAとThe Weekndによる3シーズン目となるコラボコレクションが発表となった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。