Gottzが明日リリースするソロ作『SOUTHPARK』からMUDをフィーチャーした"+81"のミュージックビデオ

KANDYTOWNのラッパーで、明日ソロデビュー作『SOUTHPARK』をリリースするGottz。Ryugo IshidaやYo-Sea、Hideyoshiなどが参加し話題となっている同作からMUDをフィーチャーした先行シングルの"+81"のミュージックビデオが公開となった。

このミュージックビデオはReebok CLASSICがサポートしており、BAD HOPやYDIZZY、Weny Dacilloらの映像作品にも関与してきたKEN HARAKIが監督を担当した。

『SOUTHPARK』はKANDYTOWNの作品としては異色な出来栄えとなっていて、プロデューサーではNeetzをはじめ、FEBB as YOUNG MASON、Lil’Yukichi、KMが参加している。

Info

アーティスト: Gottz (ゴッツ)
タイトル: SOUTHPARK(サウスパーク)
レーベル: P-VINE / KANDYTOWN LIFE
品番: PCD-27039
発売日: 2018年10月17日(水)
税抜販売価格: 2.700円
http://smarturl.it/gottz-southpark

<トラックリスト>
1. +81 feat. MUD
Prod by KM
2. Makka Na Mekkara
Prod by Lil’Yukichi
3. Don't Talk
Prod by Lil’Yukichi
4. Count It Up (PC2)
Prod by Lil’Yukichi
5. Kamuy
Prod by KM
6. Move! feat. Hideyoshi
Prod by KM
7. Summertime Freestyle
Prod by YOUNG MASON
8. Raindrop
Prod by KM
9. The Lights feat. Ryugo Ishida, MUD
Prod by Neetz
10. Neon Step - Gottz, Yo-Sea & Neetz
Prod by Neetz
Guitar : hanna
* all songs mixed by RYUSEI

RELATED

MUDによるEP『VALUE THE PRESENT』が本日リリース | KEIJU、Gottz、BLAISEなどが参加

KANDYTOWNのメンバーでそのパワフルさと哀愁も感じさせるフロウに高い注目が集まっているMUDが、EP『VALUE THE PRESENT』を本日リリースした。 セルフ・プロデュースの今作には、KANDYTOWNよりKEIJU、Gottz、Dony Joint、クルー外からBLAISE、P...

1 of 2018 Selected by Gottz

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらおうというもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

MUDが新作EP『VALUE THE PRESENT』をリリースへ | KEIJU、Gottzなどが参加

KANDYTOWNのメンバーで、クルー随一のラッパーとして評価の高いMUDによるEP『VALUE THE PRESENT』が、12/25(火)にリリースされることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。