多和田有希の個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』がG/P galleryで開催

人間の精神的治癒のシステムをテーマに制作を行っているアーティストの多和田有希による個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』が、8/25(土)から東京・恵比寿G/P galleryで開催される。

芸術療法や民間信仰のリサーチをもとに多和田は、自らの撮影した写真表面を削る、燃やすなどするユニークな手法を用いて作品を制作している。

具体的には写真制作をはじめる過程で、多和田は撮影時に感じ取ることはできたが、写し取ることができなかった被写体の深層心理や無意識の領域を、フィジカルで触知可能な「像」に変容させようと、自らの手を使って、写真プリントの一部を焼く、切断 、または針やヤスリ、消しゴムでイメージを削り消失へと向かうプロセスを繰り返す。これを多和田は作家が対象を選択したときから続く経験や感情を開示する儀式や、セラピーに近いものであると考える。

本展では打ち寄せる波のイメージを母と共に焼いたシリーズ「I am in You」や同じイメージに異なる加工を施した《ID (transition)》などを中心に構成。

1_FR1-part
Family Ritual 1(部分) © Yuki Tawada. Courtesy of the artist and G/P gallery, Tokyo
transition
ID (transition) © Yuki Tawada. Courtesy of the artist and G/P gallery, Tokyo
8_IIY_01_2
I am in You (No.1-2) © Yuki Tawada. Courtesy of the artist and G/P gallery, Tokyo

再生されたイメージの断片からは、かつてそれらがまとっていた社会的背景やカテゴリーは失われ、世界と接続しながらも、きわめて個人的な心象や感覚をベースとしたファンタジーが立ち上がる。

Info

多和田有希 個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』

会期:2018年8月25日(土)- 9月29日(土)12:00-19:00 日月休廊

会場:G/P gallery (東京都渋谷区恵比寿1-18-4 ナディッフアパート 2F)

関連イベント トークイベント:追って発表いたします。

オープニング・レセプション: 日時:2018年8月25日(土)19:00-21:00

RELATED

ベルリンを拠点とするストリートアーティストEL BOCHOの個展『GOLDEN TIMES』が開催

ベルリンを拠点に活動するストリートアーティストEL BOCHOが2年ぶりとなる日本での個展『GOLDEN TIMES』を、10/12(金)から11/25(日)まで東京・池尻の104GALERIE、104GALERIE-Rの2会場で開催する。

PUNPEEやSIRUPのアートワークも手がけるペインターのhitchによる東京での初の個展が開催

大阪を拠点に東京や上海、ハワイなど国内外で制作を続けるペインターのhitchによる、東京では初となる個展がNOS ORG渋谷で10/3(水)から一ヶ月間開催される。 今回の展覧会は彼の制作テーマである「HIPHOPイズムをビジュアライズする」を軸に、さらにモチーフをミュージシャンに絞った企画展...

Hiraparr Wilsonがタイ・バンコクで開催した個展『OUT OF THE MOSQUITO NET』が東京・下北沢で開催

思い出野郎Aチーム, CATBOYS, BTB特効などのアートワークを手がけるペインターのHiraparr Wilsonが、東京・下北沢のロンヴァクアンで個展『OUT OF THE MOSQUITO NET』(蚊帳の外)を開催する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。