TRAXMANがシカゴハウスの歴史を紡ぐオープン・トゥー・ラストセットをWWW βで開催

90年代からDJ Funkなど共に活動し、シカゴのゲットーハウスシーンを代表するDJ・アーティストのTRAXMANによるキャリア初となるオープン・トゥー・ラストセットが、東京・渋谷のWWW βで開催される。

多作家としても知られている彼は2012年のデビュー・アルバム『Da Mind Of Traxman』をリリース以来、ハウスプロジェクトCORKY STRONG名義なども含め、コンスタントにリリースを重ねている。最新作はNYのOrange Milkからリリースされた若手EQ Whyとのスプリット・アルバムだ。

また彼は2014年からは毎年のように来日をしており、ジャック・ハウスからジューク/フットワークに至る、シカゴ・ハウスの歴史を総覧するような多彩かつ奥深いDJプレイをみせてきた。

ジューク、テクノ、ゲットー・ハウス、アシッド・ハウス、ヒップ・ホップ、ジャズなど、あらゆるジャンルをジャグリングやスクラッチなどを織り交ぜミックス、マイクを持ち、客をあおり、コール&レスポンスを交えながらオリジナリティーあふれるプレイを今回も披露してくれるのは間違いないだろう。

Info

[FLYER] 7.7 Local 9 World Traxman #A2Z

Local 9 World Traxman #A2Z
2018/07/07 sat at WWWβ
OPEN / START 24:00
ADV ¥1,500 @RA / DOOR ¥2,000 / U23 ¥1,000

Traxman [Teklife / from Chicago] - All Night Chicago History Set -

※You must be 20 or over with Photo ID to enter.

http://www-shibuya.jp/schedule/009180.php

RELATED

【Exclusive】LAの注目フットワークプロデューサーSWISHAとLosのコラボ作に収録のTRAXMANとのコラボチューン

LAのプロデューサーSWISHAと今年フィラデルフィアからLAに引っ越してきたLosがコラボアルバム『JBW2k16』をリリースする。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。