SpotifyのCEOがヘイトコンテンツの規制について失敗だったと認める

MUSIC  2018.06.01  FNMNL編集部

Spotifyが下したXXXTentacionやR. Kellyなどの楽曲を公式プレイリストから排除する決断。多くの反響を招いたその決断を下して以後Spotifyは、プレイリストから排除していたXXXTentacionの楽曲に関しては、公式のプレイリストに復活させる予定ということがわかり、その対応が注目を集めていた。

そしてCEOであるDaniel Ekはこの規制について、もっとうまく出来たと思うと失敗を認めるコメントを発表した。

Varietyによると、Danielは今週水曜日、アメリカで開かれたイベント『Code Conference』に出演し、今回のSpotifyの決断について語った

Danielは、今回の規制の目標はあくまで「Spotifyに憎悪表現はないということを確かめる」ことで、「アーティスト個々人を罰しようとしたわけではない」と弁解し、我々の判断は間違っていた、そしてもっとうまくやることが出来ただろう」とSpotifyの対応が間違いだったことを認めている。

今後に関しては、将来的にSpotifyの差別的コンテンツに対する方針を改訂する可能性があるとDanielは述べている。

前述したようにXXXTentacionの楽曲はプレイリストに復活する予定のようだが、同じく排除の対象となっていたR.KellyやTay-Kの楽曲は復活するのだろうか。音楽業界に大きな波紋を呼んだSpotifyの今回の判断だったが、CEOが失敗を認めた今、これからどのような動きを見せるのか注目である。

 

 

MUSIC

FASHION

CULTURE