SpotifyのCEOがヘイトコンテンツの規制について失敗だったと認める

Spotifyが下したXXXTentacionやR. Kellyなどの楽曲を公式プレイリストから排除する決断。多くの反響を招いたその決断を下して以後Spotifyは、プレイリストから排除していたXXXTentacionの楽曲に関しては、公式のプレイリストに復活させる予定ということがわかり、その対応が注目を集めていた。

そしてCEOであるDaniel Ekはこの規制について、もっとうまく出来たと思うと失敗を認めるコメントを発表した。

Varietyによると、Danielは今週水曜日、アメリカで開かれたイベント『Code Conference』に出演し、今回のSpotifyの決断について語った

Danielは、今回の規制の目標はあくまで「Spotifyに憎悪表現はないということを確かめる」ことで、「アーティスト個々人を罰しようとしたわけではない」と弁解し、我々の判断は間違っていた、そしてもっとうまくやることが出来ただろう」とSpotifyの対応が間違いだったことを認めている。

今後に関しては、将来的にSpotifyの差別的コンテンツに対する方針を改訂する可能性があるとDanielは述べている。

前述したようにXXXTentacionの楽曲はプレイリストに復活する予定のようだが、同じく排除の対象となっていたR.KellyやTay-Kの楽曲は復活するのだろうか。音楽業界に大きな波紋を呼んだSpotifyの今回の判断だったが、CEOが失敗を認めた今、これからどのような動きを見せるのか注目である。

 

 

RELATED

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.84 | Gucci Mane、宇多田ヒカル、Benny Blancoなど35曲を収録

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜に更新。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.83 | Meek Mill、Ski Mask The Slump God、BAD HOPなど全35曲を収録

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜に更新。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.82 | A$AP Rocky、Key Glock、Meek Millなど全35曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜に更新。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。