【ミニインタビュー】The Internetが最近好きな曲、してること

先週開催されたThe Internetの約2年ぶりとなる来日公演は東京・大阪共に大盛況で終わった。2015年にリリースした3rdアルバム『Ego Death』以降、メンバーたちはそれぞれソロ活動に注力し、2017年にSyd、Matt Martians、Steve Lacyが作品をリリース。それぞれパワーアップしたメンバーたちは、現在4枚目のアルバムを制作中、ライブでもさらに力強くなったコンビネーションを随所に見せてくれた。

ライブについてはこちらのレポートをチェックしてほしいが、FNMNLではライブ前の忙しい時間の合間に、ベースのPatrick Paige II以外のメンバーに話を聞くことができた。多忙を極める彼らが最近好きな曲や、趣味とは?

取材・構成 : 和田哲郎

写真 : Masanori Naruse

- 最近好きな曲を教えてください。

1
Matt Martians

Matt Martians - 今はCozzが好きだね。”Window Shopper”はイカしてるよ。理由は単純に曲がすごいからだ。

Steve Lacy

Steve Lacy - いろいろ聞いてるけど、今の俺のテーマソングはPrefab Sproutの"Wild Horses"だ。いい曲だよ。理由は・・・ただフックが好きだから(笑)。

Christopher Smith

Christopher Smith - Villain Parkの"We Out Here”っていう曲があって、好きな理由はすごい若いアーティストがめちゃくちゃウェストコーストな曲だから。90'sなことをやっている。自分より若い子がそのぐらい前の音楽から影響を受けているのを見れるのはクールだね。めちゃくちゃドープだ。

Syd
Syd

Syd - 私の友達のことをシャウトアウトするよ。Justin Skyeっていうんだけど、今度の新しいアルバムに収録されてる”Wasteland"っていう曲が好き。

12
Patrick Paige II

- オフで最近やっていることは?

Matt Martians - Playstationの『Fortnite』。知らないかもしれないけど『Fortnite』はクレイジーだよ。100人対戦のゲームなんだけど、勝つのが難しい。勝ってるやつは絶対チートしてる。

Christopher Smith - 装備とかはすごい人達いるけど、勝つこともできるだろ!

Matt Martians - いや、もう装備とかの問題じゃないレベルなんだ。

Steve Lacy - 音楽以外でやってることか… でも趣味はビートを作ることだよ。いろんなビートをね。

29

- iPhoneで?

Steve Lacy - iPhoneでもラップトップでも。どんなビートでも作るよ。たぶん俺が作ってるって想像できないようなものもね。ハウスもトラップもジャズビートもどんなジャンルもだ。

Christopher Smith - 趣味はなんもない。

Syd - 彼は音楽が全てなんだね。私は読書をしてる。小説を読むのが好き。あと誰かの伝記とかもね。あとは近々家を買うから、その家のリノベーションするのを楽しみにしてる。

- 日本には何度か来ているけど、お気に入りの場所とか買うものってありますか?

Christopher Smith - ガンダムカフェ。ガンダムファンなんだ。腕にタトゥーも入ってるよ。シャッフル同盟のドモン・カッシュ。わかるだろ、ファンなんだ。

Syd - なんだろう。ただ渋谷を歩き回るよ。この前はポケモンしながらぶらぶらして。レコードショップに行って。正直そんぐらいだね。忙しくてあまり時間がない

Christopher Smith - ぶらぶらしてるのも楽しい。ここ数年様々な場所に行ったけど、どこでもいい時間を過ごせてるよ。

Matt Martians - ホテルから街を眺めるのが好きだ。あと昨日大阪でいろんなお店に入ったのは楽しかった。うちの近所は静かであまり外を人が歩いていないからね。ここはクールだと感じたよ。

Steve Lacy - いろいろ目に入ったところを探索するだけだね。

- 去年はソロ活動が多かったですが、今年はバンドとしての予定は?

Syd - 4枚目のアルバムをもうすぐ作り終える。完成したら、これまで行ったこと無い国をいくつかまわる予定だから楽しみだね。4枚目のアルバムはもうすぐ完成するよ。

34

Release Info

The Internet - Japan Hits Collection

RELATED

【メールインタビュー】CYK | 若きハウス・コレクティヴが作り出す新しいグルーヴ

活動から2年弱、今旬なアーティストを招聘し続けているハウス・コレクティブ CYK。若手ながらもruralやソウルのローカルラジオ Seoul Community Radioに出演したりと精力的に活動し、常に成長し続ける彼らのパーティーは、世代関係なく東京の新しいダンスミュージックコミュニティーを作り上げている。そして次に彼らがしかけるパーティーは、Baba Stiltz、C'est Quiを迎えた、東京・大阪・韓国のアジアツアーである。

【特集 Red Bull Music Festival Tokyo】ShintaroとMarzyが共謀するオンラインパーティ『PLUG (24 HOURS)』

世界的ターンテーブリストのDJ Shintaro、そしてストリートを賑わせるDJのMarzyは、実はプライベート含めて親密な仲。意外な組み合わせの彼らが中心となった、24時間ブッ続けのパーティが10/6(土)昼12時からRed Bull Music Studios Tokyoで配信されることになった。

【インタビュー】Cornelius 『Ripple Waves』 | 自分の中で常に新しいものを

Corneliusが9月19日にニューアルバム『Ripple Waves』をリリースする。この作品は前作『Mellow Waves』からカットされた7インチシングルのB面曲をはじめ、さまざまな再生媒体で発表された楽曲たちをコンパイルしたもの。今回はこの作品の話題を中心に、彼が現在の音楽シーンをどのように捉えているのか質問してみた。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。