2017 Best Or Worst by ISSUGI

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

今年は自身の番組『7INCTREE』を精力的にこなしながら、16FLIP名義でBESの復活作をリミックスしたアルバム『The Definition of This Word』もリリースしたISSUGIのベストは?

2017 Best by ISSUGI

DEVIN THE DUDE - 『ACOUSTIC LEVITATION』

devin-the-dude

コメント

いつでもレイドバックさせてくれるから。

来年の告知

来年の1月、仲間のMrPUG(MONJU)のFREE EPがドロップされるからお楽しみに。あと1月のAPPI 2018 はBAND SETでLIVEやるから是非遊びにきて欲しいっす。

ISSUGI

band profile 11:3

MONJU / SICKTEAM / DOWN NORTH CAMPのメンバー。仙人掌、Mr.PUGと共にMONJUとして『CONCRETE GREEN』を始めとする数々のCDへの参加で注目を集め、2006年にファーストEP『103LAB.EP』、2008年にはセカンドEP『Blackde.ep』をリリース。2009年にはソロとしてのファースト・アルバム『Thursday』をリリース。16FLIPと共に作られた音楽性はISSUGIのスタイルや空気を一枚で浮かび上がらせ、音源を通して各地に届くようになる。
以降は東京内外でライブする中、繋がっていったBEATMAKER達と2010年にセカンド・アルバム『The Joint LP』をリリース。BUDAMUNK、MASS-HOLE、PUNPEE、Malik、Gradis Niceをプロデュースに迎えた『The Joint LP』は自身の内面をより深く投影した作品で着実に強度を増した音楽性を示した。2011年にはJAZZYSPORTからBUDAMUNK、S.L.A.C.K.(5lack)とのユニット、SICK
TEAMとしてのアルバムや現在NYに渡っているDJ SCRATCH NICEとのミックステープ『WHERE OWN WONDER』をドロップ。SICK TEAMのアルバム『SICKTEAM』ではBUDAMUNK、S.L.A.C.K.、ISSUGI、この3人での化学反応やfeatにEVIDENCE、ILLA J、ROC MARCIANOを起用するなど話題を集め、海外のHipHopサイトなどでも紹介される事となった。その後2013年2月にリリースしたサード・アルバム『EARR』は再び全曲16FLIPと共に作り上げ、ALBUMとしての世界観や中毒性のあるBEAT達が高く評価され、Complex UKのサイトでは「The Best Of Japanese Hip-Hop: 25 Artists You Need To Know」の記事にALBUMとともに記載され、同作は「驚異的な作品(Phenomenal)」とも評された。同年11月には以前から数々のJOINTを生み出してきた盟友BUDAMUNKとのタッグ、ISSUGI & BUDAMUNK名義(II BARRET)でフルアルバム『II BARRET』をリリース。2014年にはSICK TEAM名義で『SICK TEAM 2』をリリースするなどマイペースながらも精力的に活動。2015年4月にはISSUGI & DJ SCRATCH NICE名義で待望の4th ALBUM『UrabanBowl Mixcity』をリリース。2016年、2月にはISSUGI×JJJ名義のFREEMIXTAPE"LINK UP 2 EXPERIMENT"をDogearrecordsのhomepageで公開している。その後11月にはISSUGI & GRADIS
NICE名義でのニューアルバム『DAY and NITE』をリリース。そして昨年から自身の番組、毎月7インチをリリースするプロジェクト"7INCTREE"をスタートさせ2017年2月までに計12枚の7inchをリリースした。(3月にCD版として発売)。Hypebeastで10 Japanese Rappers You Need to Know in 2017に選ばれるなど海外からも高い評価を得る存在である。
https://soundcloud.com/issugi

 

RELATED

【インタビュー】Cram & Budamunk by ISSUGI | Talk About Beats

今年DOGEAR RECORDSからそれぞれアルバムをリリースしたビートメイカーのCramとBudamunk。世代が違う中でも自身のビートの世界を追求してきた2人に対して、毎月7インチをリリースする前人未到の企画『7INCTREE』にも両者をプロデューサーとして招き入れたISSUGIがインタビューを...

ISSUGIの『THE STORY OF 7INC TREE -Tree & Chambr- 』のリリースパーティーが開催 | "EAST feat VANY"のミュージックビデオも公開

ISSUGIがリリースしたニューアルバム『THE STORY OF 7INC TREE -Tree & Chambr- 』のリリースパーティーが10/20(土)に東京・渋谷のClubasiaで開催されることになった。

新世代ビートメイカーCRAMがDOGEARからアルバムをリリース | 仙人掌、ISSUGI、BES、KOJOEなどが参加

ISSUGIとのコラボレーションなどで知られる、新世代ビートメイカーのCRAMが、初となるオフィシャルアルバムをDOGEAR RECORDSからリリースする。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。