Lil Peepの死を巡り麻薬取締局も捜査を開始 | 刑事事件に発展する可能性も?

先月21歳で亡くなったLil Peepの正確な死因が判明した。司法解剖の結果、噂されていた精神安定剤の「ザナックス」だけではなく、麻酔や鎮痛、疼痛緩和が目的の合成オピオイド「フェンタニル」のオーバードーズが死因であると発表された。フェンタニルが要因であると判明したことで、麻薬取締局も捜査を開始した。

フェンタニルの過剰摂取で昨年ミュージシャンのPrinceが亡くなっており、過去にはバンドSlipknotのメンバーもフェンタニルが原因でホテルの一室で死亡。「ザナックス」と「フェンタニル」を両方摂取することはとても危険であり、昏睡状態に陥る可能性があると伝えられている。

当初は自殺の可能性や、間違えたドラッグを摂取してしまったアクシデントであると報じられてきたLil Peepの死亡時の状況。しかし新たにLil Peepが死亡前にやり取りしていたメッセージ履歴から、刑事事件に発展する可能性も出てきたのだ。捜査局は現在Lil Peep死亡直前に、周辺の人物が送り合っていたプライベートメッセージのやり取りを捜査中。

亡くなった当日、Lil Peepにドラッグを渡したディーラーはMariah Bonsという女性。MariahはLil Peepの所属するクルーGBCのメンバーに、「あと10分で到着する。ジョイント、ワックス、ポッドや、ザナックスを持ってるよ」とメッセージを送信。その晩、Mariahはツイッターのメッセージ機能で仲間のグループチャットに「Lil Peepが気を失って目を覚まさない」と報告。この時はまだ慌てている様子もない。その後も「私と私の友達のおかげで、GBCがみんなめちゃくちゃハイになってる(笑)」とグループチャットで発言。

しかしその後Mariahは何も告げずに突如そのグループチャットを退会。Mariahは現在ツイッターのアカウントも閉鎖。Lil Peepのファンの間で拡散されているスクリーンショットなので確証はないが、このMariahという女性が、悪質なドラッグをLil Peepに飲ませたことで彼は死亡したという憶測が流れている。

Lil Peepの正式な死因がザナックスとフェンタニルの過剰摂取であると判明したので、次は誰が彼に飲ませたのか捜査局の発表を待つのみである。

RELATED

故Lil Peepによるニューアルバム『Come Over When You're Sober, Pt. 2』が本日リリース

1年前に21歳の若さでオーバードースによって亡くなったLil Peepの未発表音源を盟友であるプロデューサーのSmokeasacがまとめあげた作品となっていて、音源は前作リリース後にレコーディングされたものだという。

テレンス・マリックがプロデュースするLil Peepのドキュメンタリーが制作中ということが明らかに

昨年11月に急逝したラッパーのLil Peep。死後にリリースされるアルバム『Come Over When You’re Sober, Pt.2』の制作についてフィーチャーした記事がNY Timesに掲載されている。

Quavoがソロアルバム収録曲で故Lil Peepをディスしたと見られているラインについて弁解

先週初のソロアルバム『QUAVO HUNCHO』をリリースしたQuavo。DrakeやTravus Scott、Kid Cudiなど豪華なゲストを迎えた同作は大きな注目を集めているが、その中に収録された“Big Bro”のあるラインが物議を醸している。 「お前はザナックスをやってると思...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。