2017 Best Or Worst by CE$/杉生 健

早いもので2017年も、もう12月。今年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』がスタートします。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらう。

HIHATT LLC.にてtofubeatsのマネジメント&ディレクター業務を行いつつ、バンドshe luv itのベースやDJとしても活動するCE$/杉生 健による2017年のベストは?

2017 Best by CE$/杉生 健

tofubeats -『FANTASY CLUB』

Print

コメント

tofubeatsと仕事を始めて約10年になる本年に、このアルバムを出せた事がとても嬉しく、誇りに思っています。ここで内容に関してとやかく言うのは野暮な気がしますので割愛しますが、全ての友人、協力者、家族、そしてこの作品を聴いて下さった方々に感謝しています。

来年に向けての告知

2018年もtofubeatsのアルバムを筆頭に、いくつかの作品のお手伝いをさせて頂く予定です。個人としてもMIXCD(名古屋の友人との共作になる予定です)を来年の早い段階で製作します。あとはマイペースでDJも出来ればと思っておりますので、お気軽にお声掛け頂ければ幸いです。

CE$/杉生 健

IMG_4798

プロフィール

HIHATT LLC.にてtofubeatsのマネジメント&ディレクター業務。
she luv itというバンドでBassを担当。
CE$名義でDJもさせて頂いております。

RELATED

1 of 2018 Selected by CE$

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらおうというもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

tofubeatsのアルバム『RUN』のリリースパーティが京都 METROで名物パーティ『HOMESICK』とタッグを組んで開催 | 千紗子と純太やCE$も出演

各地で開催されているtofubeatsのニューアルバム『RUN』のリリースパーティの京都公演が、METROを舞台に2/10(日・祝前日)に開催される。 東京&大阪でのリリースパーティーが即完売となるなど、多くの反響を呼んでいるこのツアー。京都篇ではtofubeatsをフックアップしてき...

ベストサマーチューン 2018 Selected by CE$

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』が今年も帰ってきました。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲でしょうか?

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。