Kanye Westの亡き母の命日にリリースされた因縁のTaylor Swiftのアルバムリリース日に、Kanyeファンが"Hey Mama"を70万回ストリーミング再生する

リリース初日になんと70万枚相当のセールスを記録したTaylor Swiftのニューアルバム『Reputation』。

このアルバムのリリース日となった11/10はTaylorと因縁のあるKanye Westの最愛の母Dondaさんの命日。

Kanyeの亡き母の10回目の命日がリリース日となったことに関してはTaylorサイドは、無関係と否定しているが、これまでもバトルを繰り広げてきた2人だけに大きな注目が集まった。

そんな中KanyeファンのグループがTaylorに挑戦を行っていた。

Kanyeのファンの1人がFacebookページを作り、11/10にKanye Westが亡き母に向けて作った"Hey Mama"を再生し続けようと呼びかけた。この呼びかけはKanyeファンに広がりThe Ringerによれば、11/10にSpotifyで"Hey Mama"は、なんと70万回も再生された。

しかし同曲はSpotifyのトップランキングなど、すべてのランキングには掲載されなかった。Spotify側はKanyeのファンたちがリピート再生していることに気付いていたのかもしれない。

それに対してTaylor側は1日で70万枚相当のアルバムセールスを記録し、大きな話題となった。70万回再生もすごい数字かもしれないが、今回ばかりは戦う相手が悪かった?

 

RELATED

Kanye Westの19歳の大ファンが今まで収集してきたKanyeのグッズを販売するポップアップショップを開催

先日、ニューアルバム『YANDHI』のリリースを告知したKanye West。

Kanye Westがフォロワー数を非表示にすることをTwitterのCEOに提案

常に脳内でアイデアが迸っていることでお馴染みのKanye West。そんな彼が、今回は大好きなTwitterのUIについて意見を提供している。

Kanye Westと『Good Ass Job』を巡る15年の歴史

先日リリースが予告されたKanye WestとChance The Rapperによるコラボアルバム『Good Ass Job』。それと前後してアナウンスされたKanye自身のソロアルバム『Yandhi』も注目の的となっているが、古くからのKanyeファンにとっては『Good Ass Job』というタイトルに決まったことが特に話題となっている。そんな状況を受けて、DJBOOTHにてKanyeと『Good Ass Job』を巡る歴史を紹介した記事が公開されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。