【インタビュー】Awich『8』 | 闇をも抱えて歌う

FEATURED  2017.08.18  FNMNL編集部

- そういった考え方を教えてくれた旦那さんはどういう方でしたか?

Awich - 旦那はブルックリン生まれのファイブ・パーセンターズで、見た目はDMXみたいなゴツい奴で(笑)ずっとストリートの人間です、プッシャーをやっていて。カリスマ性がある人で、いつも取り巻きを連れて歩いていて。家族は大事にするけど、遊びも止められないってそういう奴でしたね。めっちゃ喧嘩したし、毎日がドラマだったし、でもめっちゃ愛されていたし、家族を守るっていう意識はすごい高い人でしたね。私に何かあったら、相手を皆殺しに行くような人。で、頭がすごい良かったんですよ。全然教育とかは受けていないけど、私の大学の宿題を手伝えて、感想文とか書かせるとめっちゃすごくて。ラップももちろんできて、ずっとフリースタイルをやってるし、ずっと私に「音楽を辞めるな」って言ってました。「お前が音楽ができなかった原因だろ」って言いたいですけどね(笑)ずっとストリートしか分からない人だったんで、私と結婚して子供が生まれたときに、「仕事をする」って言って、小学校のトイレの清掃員の仕事に就いたんですけど、でもやっぱりダメで、ストリートに後戻りしちゃって、そこから状況が悪化して殺されちゃいました。

- そのときのことが"Ashes"になってますよね。テーマ的に重い曲であるのは間違いないんですが、エモーショナルというよりは淡々とした曲になっています。

Please become the water and breeze

The sun the cloud the mountains and trees

Your hair your skin your heart

Your energy to love

Everything you need to go on ("Ashes"から)

Awich - あれは全部の事が終わったあとの話で、それから解放されたときの曲なんですよ。だからもっと凄まじい部分を表現した曲はこれから出てくると思うんですけど、あの曲に関しては、旦那に生前「何かがあったら埋めないで、海に流してほしい」って言われたところから始まってるんですよ。死んだって分かったときに、彼のお母さんは敬虔なクリスチャンで、普通なら絶対墓に入れてって思う人だから、大丈夫かなと思ったんですけど、「『火葬して海に流してほしい』って言っていたよ」って伝えたら、「あの子らしい」って言ってくれて、それを叶えてくれて。故郷のブルックリンの海に流そうとしたんですけど、海は汚いし、交通も激しくて、職質とかもされそうだしで、こういうことじゃないやと思って。旦那に所縁があるからとかじゃなくて、私と娘のためにやらなきゃ、娘がお父さんがどうなったって思い出すときは、景色が綺麗な方がいいと思って、沖縄の無人島に連れて帰ってきたんですね。遺灰を持ってきて、娘のトヨミに、「遺灰がお父さんなんだよ」って話をずっとして、「なんでこうなったの?」、「殺されちゃった」、「なんで殺されたの?」とか、「なんで灰になるの?」とか、色んな質問を何日もかけて全部出来る限り答えて、彼女のなかで、この灰がお父さんなんだって理解できたときに、じゃあ海に流しに行こうって。それで灰はお父さんだから「風になれ」とか、「水になれ、太陽になれ」とか。「トヨミの肌になれ、心になれ」とか2人で灰まみれになって、それで散骨したんですね。誰もいないビーチで。だからそのときのことは美しいでしかない。そうあって欲しかったし、その情景は今でも天国みたいな絵として思い出せるし、だからこの曲にはそういうビートが欲しくて。"Crime"とかを作ったKe Yano$くんのビートで、聴いたら最初のフックが出てきて、これだと思ってできた曲なんですけど。もちろんあの事件で、怒りとか悲しみとかはあったんですけど、"Ashes"に関しては吹っ切れたあとの、未亡人として母親としての強さとか、彼が私に残してきてくれた愛に対しての感謝とか、そういう前向きなことしか入ってない歌ですね。すごいラブ&ピースな曲なんですよ。でもそのままラブ&ピースって言ってるんじゃなくて、そこまでにくる過程がなんとなく見えるからこそ、重みが一段と強いっていう曲になってほしいなって。

Awich

- 娘さんが曲にも参加してますよね。

大事な事第一

血は水よりも濃い

That’s what mama told me

でも泥水は血よりも濃い

多分それにやられちゃったMy daddy ("Jah Love"より)

Awich - ふふふ(笑)あれは、最初はラップさせたいなと思っていて、トラックがきたときに"Jah Love"ってタイトルになってて、私の娘の名前はトヨミ・ジャミラっていうんですよ。ジャ=Jahは神っていう意味で、ミラ=mirrorは鏡で、神の鏡っていう意味のミドルネームなんですけど。ファイブ・パーセンターズの教えだと男は神なんですね。だからお父さんの鏡っていう意味の名前でもあるんですよ。だから"Jah Love"ってタイトルの曲がきたときに、トヨミを入れようと思っていて、フックくらいでいいかな、でもラップもいけたらいってほしいって思って、試しにやったらいけたんで、それでやろうってなりましたね。いま9歳で超かわいい、娘は全てですね。トヨミは自分の一部みたいですね。妊娠してるときも旦那は、刑務所にいたんですよ。だから私とトヨミの絆がめっちゃ強くて。元々2人から始まった気もするし、結局いまも2人に戻ったし。自分の分身みたいな感じがしますね、だからこそすごいぶつかるし、自分を見ているみたいだから、イライラする、けど大好きだし。人生の波乱万丈度合いでいったら、あいつの方が私より全然濃いんですよ。9年間がすごい壮絶だし、妊娠しているときもめっちゃ堕ろされそうになっていたし。だから今の環境は、ありがたいし、彼女にも自分の生きたいように生きてほしいけど、でも自分を見ているみたいでもどかしい時もあるし、2人で一緒に成長してる感じ、めっちゃ大親友です。

- YENTOWNとの出会いはどのようなものだったんですか?

Awich - 去年の夏くらいに、知人の紹介でkZmに会って、"Crime"の出来かけの曲を聴いて、それで喰らって、Chakiさんに曲を聴かせてくれて、それでChakiさんのスタジオに「来なよ」って誘われて、そこから自然にスタジオに行くようになって、アルバムを作ってもらえるってことになったんですけど。YENTOWNに入るっていうのは、今年の5月のライブ前のリハで、Chakiさんに「Awichも自分だけでやるんじゃなくて、なんか冠があればいいのになって」言ったから「私がYENTOWN入るのどうですか?」って言って、それでみんな受け入れてくれてって感じですね。

- ビートの幅も本当に広いですよね。

Awich - SoundCloudから探したり、Chakiさんに0から作ってもらったり、仲のいいビートメイカーにもらったり色々なんですけど、結構常に作っていて、このアルバムではこの並びでいきましょうってなってるだけなので、本当にケースバイケースですね。全ての曲にミラクルをたぐりよせるのを待っていて、でもそれが起こるのは信じてる。毎日色々探してはいるんですけど、いいのが来るときはくるでしょって感じで思ってて、実際にそうなるんですよね。

- ゲスト陣は?

Awich - Tabu Zombieさんに関しては、曲ができたときに、Chakiさんが「これホーンが聴こえるんだよね」って言ってて、それでコンタクトを取ってくれて実現したんですけど。"Remember"は元々ChakiさんとJUJUくんが一緒にやろうってなってたところに、私が飛び込んでいってできた曲ですね。ANARCHYは元々Chakiさんと、仕事してたから、私もやりたいなと思ってた矢先に沖縄で会う機会があって、速攻で仲良くなって、すぐに一緒にやることになった。Rittoは元々お兄ちゃんみたいな存在の人で、大好きなんですけど、このビートがスペインのトラックメイカーの人のもので、聴いてたら沖縄の童謡みたいに聴こえてきたんです。キジムナーっていう沖縄の子供の妖怪を歌っている、童謡があるんですけど、それが聴こえてきて、それでキジムナーの歌作ろうと思って。キジムナーは大人が大嫌いで、夜しか出てこないんで、いたずらが大好きで、「あ、Rittoじゃん」って思ってオファーしましたね(笑)遊びの曲+おれたちが夜を仕切るみたいな感じの歌ですね。古謝美佐子さんとは昔からずっとやりたくて、Ke Yano$くんのトラックをもらったときに、沖縄で生きる人の生き方みたいな曲が私なりに書けて、そのサビに入ってもらおうと思ってお願いしに行って。

- Awichさんにとって沖縄の存在は?

Awich - 沖縄が私の土、土台になっていますね。そこから色々生えてきているし。沖縄ってめっちゃスピリチュアルな場所なんですよ。なんかいるんですよ、ずっと。それは戦争を経験したのもあるし、それ以前にも王国だった時代に聞得大君っていう預言者が、霊的な感覚を持つ訓練をさせたり、そういう場所があったり。土地的にも大陸との距離とか、島の並びとかもいい並びのなかにあるって色んな人に言われて。「この島はエネルギーがすごいよ」って。アメリカが沖縄にこだわるのも、ニュースで謳われてるだけの理由じゃなかったりするのかも、とか考えちゃったり。とにかくめちゃくちゃ奥が深い島ですね。

_DSC5214

- 自分のスタイルは沖縄で生まれたからこそっていうのはあると思いますか?

Awich - それはあると思います。混ぜるスタイル、色んなところのいいところを取り入れるのも沖縄の文化なんですよ。沖縄は小さい王国で、それが生き延びていたのは、色んなところの文化を混ぜるのが特徴だったからだと思うし。チャンプルーっていうのも混ぜるって意味だし、カチャーシーっていう祝いの席でやる、踊りもかき回すっていうのが語源で。喜びとかのエネルギーを手で混ぜるっていうフリになってるんですよ。だから混ぜるっていうのが沖縄ではポイントになってて、それは私のなかでもポイントになってる気がします。それは沖縄で生まれ育ったからこそ、できていることであって、そのなかから生まれるかっこよさとか、誰にもできないことを求めてますね。

- アルバムは自分ではどういった作品になったと思いますか?

Awich - 一言では言えないんですけど、幅がめちゃくちゃ広いですけど、深いものに。1曲ごとに、深読みして聴いてほしいし、歌詞を読んでほしいです。CDのブックレットには全部の歌詞を入れてるし、PVにも絶対字幕を付けてるんですよ。英語には自分でやった訳もつけてるし、1曲1曲を楽しむための仕掛けを用意しているので、それを全部体験してほしいですね。聴いてる人たちの生活に、価値を付け足すことができる作品になってると思いますね。

Awich

Info

comp_05

New Album 「Awich / 8」 2017.08.08 Release
01. Intro (Bad Reception) (Prod. Chaki Zulu)
02. Crime ft. kZm (Prod. Ke Yano$, Chaki Zulu)
03. Pin (Prod. Chaki Zulu)
04. Detox ft. Tabu Zombie (Prod. Chaki Zulu)
05. Move Way (Prod. Chaki Zulu)
06. Come Again (Prod. Daisuke Nakamura, Chaki Zulu) 07. Remember ft. YOUNG JUJU (Prod. Chaki Zulu)
08. Gentle Paranoia (Prod.Deejay Abstract)
09. Jah Love ft. Yomi Jah (Prod.STiKz)
10. WHORU? ft. ANARCHY (Prod. Chaki Zulu)
11. Chong ft. Ritto (Prod. letgo.)
12. Interlude (Good Reception) (Prod. Awich, Chaki Zulu) 13. Ashes (Prod. Ke Yano$, Chaki Zulu)
14. Rainbow (Prod. Ke Yano$, Chaki Zulu)
15. UMUI ft. KOJA MISAKO (Prod. Ke Yano$, Chaki Zulu) 16. Sega (Prod. June Jissle)
17. Views (Prod. Ke Yano$, Chaki Zulu)

BPMT-1004 / ¥2,500+tax
Label : YENTOWN / bpm Tokyo

▪︎Awich

Web : www.awich.jp

Instagram : https://www.instagram.com/awich098

Twitter : https://twitter.com/awich098

MUSIC

FASHION

CULTURE