JAY-ZとKanye Westをテーマにしたドキュメンタリー『Public Enemies: Jay-Z vs Kanye West』

ここにきて再度表面化しているJAY-ZとKanye Westの争い。元はといえば、昨年のKanyeの入院騒動の際に、KanyeがJAY-Zをステージ上で批判したことがきっかけとなっているが、そんな2人をテーマにしたドキュメンタリーが公開されることになった。

このドキュメンタリー『Public Enemies: Jay-Z vs. Kanye West』は、イギリスのChannel 4が制作したもので、2人のトップスターについてJust Blazeや、ジャーナリストのTouréなどが証言として語るものとなっている。長年関係性を築き上げてきた2人はどのように違い、どこが似ているのか。

騒動の渦中にあるだけにバッチリなテーマのドキュメンタリーだといえるだろう。同作は現在Youtubeで予告編が公開。現地時間の7/31に放映される。

RELATED

Snoop Doggが「Kanye Westから携帯を取り上げろ」と発言

先日はDrakeやTravis Scottへの不満をぶちまけるツイートを連投し世間を騒がせたKanye West。そんな彼の行動にSnoop Doggが苦言を呈している。Snoop Doggといえば定期的にKanyeの行動を諌めたり煽ったりすることで知られているが、今回は彼のツイートについてだ。

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。