PharrellとKaytranadaがコラボEPをリリースしようとラジオで語り合う

Beats1ラジオで配信される、Pharrell Williamsが司会を務める番組OTHERtoneの最新話にゲストでKaytranadaが登場する。公開された短いプレビュー映像によると、近い将来2人が共同で音源を作る可能性が考えられる。

映像が始まると同時に、Pharrellは「EPのようなものをいっしょに作ろうよ」と切り出した。「いいハイチの音楽を紹介してくれれば、俺が楽曲用に作り変えて送るから、それをまた色々なものと組み合わせて好きに新しいものにしてよ」とアイディアを出し、そして「本当にやろう。そしてイカすハイチの歌手連れてきて歌わせたりしよう」と提案。

「もちろん」とKaytranadaも乗り気で、同じくハイチ出身のWyclef Jeanとちょうど今年頭にスタジオでハイチミュージックを制作していたところだと語った。ただの番組上の演技の発言で終わらないように、Pharrellは “I’m deadass. I’m super down”「俺はマジだ。大賛成だよ」と付け足した。

もし本当にコラボが実現したら両アーティストのファンたちは大喜びだろう。番組上の発言とは言えPharrellがこれほど本気で訴えているのを見ると期待してもよさそうだ。(小林一真)

RELATED

PharrellがThe Neptunesのヒット曲“Frontin'”はPrinceのために書いた曲だったと述べる

Chad HugoとのThe Neptunesや、もちろんソロでも多くのヒット曲を生んでいるPharrellが、Clash Magazineのインタビューに登場し他のアーティストとのコラボワークについて語っている。

PharrellがFrank Oceanの芸術性を語る

Frank Oceanのアルバム『Channel Orange』のリリース6周年を記念し、同作に楽曲を提供しているPharrellが彼の軌跡についてAppleのBeats 1の番組で語った。

【オフィシャル・フォトレポート】『Rolling Loud Japan Pre-Roll』 | KOHH、KAYTRANADA、kZm、MARZYが出演

今年はマイアミで18万人を動員した世界No.1のヒップホップフェス『Rolling Loud』が、CROSS THE BORDERをテーマに国境を越えプレイベントを7/1(日)に東京・TABLOIDで開催した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。