ドローンを使用してフェスティバル会場でのセクハラ対策

フェスティバルやライブ会場でのレイプやセクハラなどの犯罪に対して、ドローンを使用して監視、防止する方策が浮上している。

フェスティバルなどのセキュリティを業務として行う会社で働く匿名の人物が、ある音楽フェスティバル運営会社に対して様々な提言を行った。

彼は、フェスティバル好きな彼のセキュリティ会社で働く従業員をフェスティバルの会場内に配置し、モッシュピットや混雑するフロアで不快感を感じたら手を上げてもらうことを提案。手を上げたら即座にセキュリティが急行し、手助けをする。

また彼は、ドローンを使用して、モッシュピットなどを監視するというアイディアもイベントオーガナイザーに提案したとのこと。

彼はセクハラを行う者を「ショーを止める邪魔者」と断罪。プロモーターはいい音楽をオーディエンスに届けようとしているが、一度セクハラが起こってしまうと誰もがもう二度と来なくなってしまうと、彼は憂慮している。

タスマニアで行われる予定のPANAMAフェスにてセキュリティ会社と警察は協力して、誰もが安心で音楽を楽しめる場所を作るっていくために、様々な策を講じているとのこと。

RELATED

スペインで行われたフェスでラッパーが煽ったことが原因で遊歩道が崩落し300人以上が負傷

先日、FNMNLではアメリカで開催されたフェスLollapaloozaでのLil Pumpのライブが危険と判断され、予定より早く打ち切られたというニュースを取り上げた。

史上最悪のフェス『Fyre Festival』のドキュメンタリーがHuluで2019年に放送決定

昨年4月末から5月にかけて2週間連続で、バハマで開催される予定だった『Fyre Festival』をご存知だろうか。

男女差別問題を受けて45の音楽フェスが2022年までに出演アーティストの男女比を平等にすると公言

男性アーティストばかりの音楽フェスの時代がもう終わるかもしれない。45個のフェスが2022年までに出演アーティストの男女比を50:50にすると公約した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。