Chance The RapperによるKanye Westの歴代アルバム・ランキング

by BATCHO

先日Complex誌でKanye Westの歴代アルバムをランク付けする企画記事が公開された。アルバム『The Life Of Pablo』が今年2月に一周年を迎えるのに先立ち、7枚のスタジオアルバムと2枚の共同アルバムから成るKanye Westの豊穣なカタログを振り返るのが狙いとなっている。そのランキングに対して、Kanye Westの大ファンであるChance The Rapperが自分でもランキングを制作し発表した。

Complex誌によるランキングは以下の通り。

1. 『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』 (2010)
2. 『Graduation』 (2007)
3. 『Watch the Throne』 (2011)
4. 『Yeezus』 (2013)
5. 『The College Dropout』 (2004)
6. 『The Life of Pablo』 (2016)
7. 『808s & Heartbreak』 (2008)
8. 『Late Registration』 (2005)
9. 『Cruel Summer』 (2012)

Kanye Westと同じシカゴ出身のChance the Rapperは該当記事のヘッダーのアートワークに感銘を受けながらも、『Late Registration』が下位にランク付けされているのには納得できなかったよう。Chanceは自身でランキングをTwitter上に投稿した。

Chance The Rapperによるランキングはこちら。

1. 『Late Registration』 (2005)
2. 『The College Dropout』 (2004)
3. 『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』 (2010)
4. 『Graduation』 (2007)
5. 『Watch the Throne』 (2011)
6. 『The Life of Pablo』 (2016)
7. 『Yeezus』 (2013)
8. 『808s & Heartbreak』 (2008)

ソウルレコードを大胆にサンプリング&ピッチアップしたサウンドと伸びやかな作風が持ち味で、ラッパー/プロデューサーKanye Westの存在を世に知らしめた1st、2ndアルバムがトップを飾った。

Chance the Rapperは、自身のブレイクを決定づけたミックステープ『Acip Rap』の1曲目 “Good Ass Intro”((

)) でもKanye West "Freshmen Adjustment 2 Intro" (Kanye Westの未発表楽曲をコンパイルした2006年発表『Freshmen Adjustment 2』収録) をサンプリングしており、『The College Dropout』~『Late Registration』期のKanye作品に対してより一層特別な思い入れをもっていることがうかがえる。

一方で、"Ultralight Beam"、"Famous"、"Feedback"、"Waves"で自身も客演/ソングライティング参加した『The Life of Pablo』や、『808s & Heartbreak』、『Yeezus』といった実験色の濃い作品は下位に留まった。

Chance the Rapper – All We Got (feat. Kanye West & Chicago Children's Choir)

ゴシップ面にばかり注目が集まりがちなKanye Westだが、この機会に彼の彩り豊かなディスコグラフィーを振り返りながら、自分なりのランキングを考えてみてはいかがだろうか。

・『The College Dropout』 (2004)
代表曲: "Jesus Walks"、"Through the Wire"、"Slow Jamz"、”All Falls Down”
Kanye West “Jesus Walks”

・『Late Registration』 (2005)
代表曲: "Gold Digger"、"Diamonds from Sierra Leone"、"Heard 'Em Say"、"Touch the Sky"
Kanye West “Touch the Sky” ft. Lupe Fiasco

・『Graduation』 (2007)
代表曲: "Stronger"、"Can't Tell Me Nothing"、"Good Life"
Kanye West “Stronger”

『808s & Heartbreak』 (2008)

代表曲: "Love Lockdown"、"Heartless"
Kanye West “Love Lockdown”

・『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』 (2010)
代表曲: "Power"、"Runaway"、"Monster"、"All of the Lights"
Kanye West 『RUNAWAY』(Short Film)

Kanye West - RUNAWAY from alexandre moors on Vimeo.

・Kanye West & Jay-Z『Watch the Throne』 (2011)
代表曲: "Ni**as in Paris"、"No Church in the Wild"、"Otis"
Jay-Z & Kanye West “Ni**as In Paris”

・『Kanye West Presents Good Music Cruel Summer』 (2012)
代表曲: "Mercy"、"Clique"
Kanye West “Mercy” ft. Big Sean, Pusha T, 2 Chainz

『Yeezus』 (2013)
代表曲: "Black Skinhead"、"New Slaves" 、"Blood on the Leaves"、"Bound 2"
Kanye West "Black Skinhead"

・『The Life of Pablo』 (2016)
代表曲: "Ultralight Beam"、“Famous”、"No More Parties in LA"、"Father Stretch My Hands"、”Wolves”
Kanye West “Famous”

RELATED

Snoop DoggがKanye Westをまたも批判し、Kim KardashianがDrakeの元恋人だという噂を根拠に煽る

先日のトランプ大統領との会談によって、更なる批判を世界中から浴びているKanye West。そんな中、かねてから反トランプの立場を明確にし続けているSnoop DoggがまたもやKanyeをディスしている。

アフリカ滞在中のKanye Westが「Fela Kutiの魂が宿っている」と発言するも遺族に全否定される

リリースが遅れているニューアルバム『Yahndi』を制作するためにアフリカを訪問中のKanye West。アフリカに発つ前は多くの批判を呼んだトランプ大統領訪問を行うなど、周囲の心配はよそに独自の行動を続ける彼は、滞在中のウガンダでも、32年間もの間、長期政権に居座っている大統領のヨウェリ・カグタ・ムセベニ中将を訪問した。

Chance The Rapperがシカゴ市長選には立候補せずにAmara Enyia候補を支援すると表明

先月、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を表明し、それに対し、喜びのコメントをしていたChance The Rapper。 その後、Chanceは自身のTwitterにおいて、シカゴのシティホールで記者会見を行うことをアナウンス。次のシカゴ市長選に立候補するのではと噂されていた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。