来日も迫る新鋭ビートメーカーJarreau Vandalによる1stEPがついにリリース

MUSIC  2016.04.29  FNMNL編集部

オランダのアムステルダムを拠点に活動するトラックメーカーで現在23歳のJarreau Vandalは2014年に現在のビートシーンを牽引するSoulectionからのEPをきっかけに注目されはじめ、今年に入りRihannaの大ヒット曲”Work”のリミックスなどがバイラルヒットしている。そんな中待ちにまった1stEP『Suburb Superhero』が本日リリースされた。

収録楽曲はBrasstracksなどをフィーチャーしたメロウとほどよいアップリフティングさが今の気分にハマるメロディックな”Nobody Else”や影響を受けたという90’sR&B的な感覚をもったスロージャムトラックの”Rabbit Hole”やハウシーな”Small Talk”などトレンドを押さえつつもカラフルな自分の色を出した内容となっている。Jarreau VandalはこのEPを引っさげ5/14にMr CarmackとstarRoと共に渋谷Visionでで初来日公演を行う。

MUSIC

FASHION

CULTURE