【特集】Mariah Carey 『Caution』| 常に最先端のサウンドを求め続けるディーヴァの歴史

世界を震撼させる稀代のディーヴァであるMariah Carey。1990年にアルバム『Vision of Love』を発表してから28年間(!)にわたってその衰えぬ歌声で我々に刺激的なヴァイブスを与え続けてくれている。デビュー当時、日本でも「7オクターブの歌姫」とキャッチフレーズがつき、そのハイトーン・ヴォイスを活かした"Emotions"やBoyz II Menとの特大ヒット曲"One Sweet Day"と言ったポップ・ヒットを数多く放ってきた。

【特集】渡辺志保のトロント訪問記 Vol.2 | 独自の文化が根付くパブリックアート、多様性を打ち出す先進的な都市

Vol.1はこちらから。 今回、一週間足らずの滞在ではありましたが、トロントはとてもインプレッシヴな街でした。個人的には、人生において二度目のトロント訪問。とは言っても、前回訪れたのは私が11歳頃の時。詳しい記憶はすでに霧の中…という感じですが、それでも、当時トロントで観覧したブロードウェイ・...

【特集】渡辺志保のトロント訪問記 Vol.1 | Drakeが愛し愛される街

2016年に発売されたDrakeの4thアルバム『Views』に収録されている"9"という楽曲。1ヴァース目の最後に、こんな歌詞があります。

フォト・ジャーナリスト池尻安希とライターの渡辺志保によるアトランタをテーマにしたトークセッションが開催

アメリカのアトランタ在住のフォト・ジャーナリストでMigosなどにインタビューを行い、Lil Xanのオフィシャル・フォトグラファーとして活動する池尻安希と、アトランタ産ヒップホップをこよなく愛するライターの渡辺志保。

【インタビュー】Metro Boomin | Gap『Archive Reissue: Logo Remix Collection』スペシャル

現在24歳のプロデューサーMetro Boominは昨年は21 SavageとMigosのOffsetとの『Without Warning』、Big Seanとの『Double or Nothing』という2つのジョイントプロジェクトに加え、多くのヒット曲を送り出し、現在のアメリカで最も成功しているプロデューサーの1人と称賛されている。
もっと見る