【オフィシャルレポート】Awich 『Queendom -THE UNION- at K-Arena Yokohama』

日本国内だけに留まらず、世界に活躍の幅を広げるラッパーのAwich。最新アルバム『THE UNION』が10月にリリースされ各チャートを席巻中の中、自身初となるアリーナワンマンライブが11/5(日)に神奈川・Kアリーナ横浜に開催し全29曲をパフォーマンスし、ファン18,000人を魅了。その全てを記録したオフィシャルライブレポートが到着した。

日本のヒップホップ界が誇るクイーン、Awichによる初のアリーナ単独公演が開催された。舞台となったKアリーナ横浜のステージにまず現れたのは、伝統的な琉球舞踊団。厳かな雰囲気の中、三線の音色ともに琉歌が響き、龍が舞う。そして、地鳴りのようなドラムの音と真っ赤な日の出の映像とともに、黒いレザージャケットを着た主役のAwichがステージへと舞い降りた。幕を開ける一曲目は、もちろん本公演のテーマにもなっている"THE UNION"だ。

ライブの序盤から、女帝・Awichのもとに集うべく、多くの女性ラッパーたちが次々と登場していく。"Guerrilla"の後に披露した"ALI BABA"ではMFSが、"イケメンタル"ではNENEが登場し、そのまま"Bad Bitch 美学 Remix"へと続く。Awichに続いてNENE、LANA、MaRI、そしてゆりやんレトリィバァが自分のバースをキックし(不在のAIはビデオメッセージで参加)、色とりどりの女性ラッパーたちが集い眩しいほどにキラめくステージ。ガールズアンセムともいうべき"口に出して"、"口に出して 2"の後は、CYBER RUIを交えキュートな振り付けとともに"Shut Down"をパフォームし、"Call On Me"では愛娘であるToyomi(Yomi Jah)がダンサーとして登場。さらに会場を沸かせた。

DJ U-LEEによるインターバルの後、"琉球愛歌 Remix"とともに衣装を変えたAwichが登場。「沖縄という島は大きな悲惨な戦争を生き抜いたしたたかさがある。何もないところから何かを作り出してきた。琉球の心が世界中の人と私を深い絆で繋いでくれている」と語り、沖縄の先輩ラッパーであるRITTOを呼び込み"NINGEN State Of Mind Ⅱ Remix"へ。沖縄のルーツと愛情を感じさせるエモーショナルなパフォーマンスはまだまだ続く。"RASEN in OKINAWA"のイントロが鳴り、唾奇、OZworld、CHICO CARLITOらが次々と登場。"LONGINESS REMIX"ではSugLawd Familiarが加わり、沖縄出身のラッパーたちがステージを埋め尽くす一大コラボ・ステージが実現した。昨年、沖縄の本土復帰から50年の節目に発表された"TSUBASA"では再びToyomiが加わり、母娘でマイクを交わす。その後、ステージ上の階段にToyomiと座りながら"Wait For Me"へ。"Revenge"では客席からスマホのライトが一斉に照らされる。親子の絆はもちろん、壮絶だった彼女の過去から現在へ至るまでのドラマを物語る一幕だった。

ステージはさらに熱気を帯びていくものへ。インターネットの功罪をテーマにした"Burn Down"ではGADOROが登場。"Twinkle Stars"では、STUTSがMPCを鳴らし、BIMがステージに加わる。ファンとおしゃべりするという企画も盛り込み、客席を巻き込んでさらに会場の一体感が高まっていく。"かくれんぼ"を披露した後に、ステージは暗転。客席からの期待感を煽りつつ現れたのは、ゆりやんレトリィバァ、そしてナダルの二人。かつて、ゆりやんがYouTube上で発表したAwichとKEIJUによる"Remember"の「THE FIRST TAKE」のパロディを再現するという、一夜限りのエクスクルーシブなパフォーマンスを披露。見事に歌い切った後、ステージ脇に控えていたAwichとKEIJUが登場して、本家"Remember"で再び客席を煽る。コルセットが印象的なシルバーの衣装に身を包んだAwich。ライブも折り返し、壮大なストーリーをまとめ上げるべくステージ上には次々と豪華なラッパーたちが加わっていく。KEIJU とともに、¥ellow Bucksも加わり"Link Up"を、DOGMAと鎮座DOPENESSとともに、シアトリカルな演出を施した"洗脳"を、ANARCHYとともに"やっちまいな"、"WHORU?"と、クライマックスに向けてグイグイと攻め、電飾をまとったダンサーとともに"GILA GILA""をさらにアップデートした"SUPER GILA GILA"へ。JP THE WAVY、YZERRらが登場して来たるBAD HOPの東京ドーム公演にもエールを送り、更なる高みを目指す日本のヒップホップシーンがユナイトした瞬間でもあった。

豪華なゲストらを招いた圧巻のステージの後、ファンクラブの開設や全国ツアーの実施を発表したAwich。来月にはバースデーライブも控えていること、そして、2024年は海外進出に向けて本格的に動いていくことも発表。「みんなが本当に見たことがない景色を、見せてあげることができると思う」と宣言し、「去年の武道館公演からここまで、激動の旅でした。これからもそうだと思う」と語りながら"Queendom"へ。最後は「みんなの顔が見たくて、ちょっと変わったことをやりたい」と前置きし、空中を舞うブランコに乗り"Love Me Up"を熱唱。満面の笑みで、約3時間に及ぶ壮大なステージを終えた。

2022年の武道館公演で築いた伝説を、余裕で塗り替えた極上のライブ。ルーツを誇り、仲間を愛し、連帯しながらさらに大きなステージを目指すAwich。アーティストとしての成長はもちろん、万人を引き込む彼女の根源的な魅力が溢れた伝説的な一夜となった。(文・渡辺志保)

Info

Set List

1. OKINAWAN OPENING SHOW ※with 琉球舞踊団

2. THE UNION ※with 琉球舞踊団

3. Guerrilla

4. ALI BABA ※with MFS

5. イケメンタル ※with NENE

6. Bad Bitch 美学 Remix ※with NENE, LANA, MaRI, YURIYAN RETRIEVER

7. 口に出して

8. 口に出して 2

9. Shut Down ※with CYBER RUI

10. Call On Me ※with Yomi Jah

~ DJ U-LEE TIME ~

11. 琉球愛歌 Remix

12. NINGEN State Of Mind Ⅱ REMIX ※with RITTO

13. RASEN in OKINAWA ※with 唾奇, OZworld, CHICO CARLITO

14. LONGINESS REMIX ※with SugLawd Familiar, CHICO CARLITO

15. TSUBASA ※with Yomi Jah

16. Wait For Me ※with Patrick Bartley (Sax)

17. Revenge

18. Burn Down ※with GADORO

19. Twinkle Stars ※with STUTS, BIM

20. かくれんぼ

21. Remember -THE FIRST TAKE ver.- ※by ナダル, ゆりやんレトリィバァ

22. Remember ※with KEIJU

23. Link Up ※with KEIJU, \ellow Bucks

24. 洗脳 ※with DOGMA, 鎮座DOPENESS

25. やっちまいな ※with ANARCHY

26. WHORU? ※with ANARCHY

27. SUPER GILA GILA ※with JP THE WAVY, YZERR

28. Queendom

29. Love Me Up

THE UNION TOUR2024

【開催日時、会場】

◯2024年4月27日(土) Zepp Namba(OSAKA)

open 17:00 / start 18:00 (問)キョードーインフォメーション  0570-200-888

◯2024年4月28日(日) 広島CLUB QUATTRO

open 17:00 / start 18:00 (問)YUMEBANCHI(広島) 082-249-3571

◯2024年5月2日(木) Zepp Sapporo

open 18:00 / start 19:00 (問)WESS 011-614-9999

◯2024年5月9日(木) Zepp Fukuoka

open 18:00 / start 19:00 (問)キョードー西日本 0570-09-2424

◯2024年5月11日(土) 仙台PIT

open 17:00 / start 18:00 (問)GIPお問い合わせフォーム https://www.gip-web.co.jp/t/info

◯2024年5月17日(金) Zepp Nagoya

open 18:00 / start 19:00 (問)サンデーフォークプロモーション  052-320-9100

◯2024年5月23日(木) Zepp Haneda(TOKYO)

open 18:00 / start 19:00 (問)H.I.P. 03-3475-9999

【料金】

1階スタンディング \6,800 (税込・入場時別途ドリンク代・整理番号付き)

2階指定席 \7,800 (税込・入場時別途ドリンク代) ※Zepp公演のみ

【チケット先行】

◆FC先行◆

11/5(日)21:00~11/19(日)23:59

「Awich fanclub Asia Wish Children」への入会はこちら▼

https://fc-awich098.com/regist/

Awich Birthday Premium Live 2023

【開催日時、会場】

2023年12月16日(土)恵比寿The Garden Hall

open 16:00 / start17:00

【出演】 Awich

【料金】 ALL STANDING \6,600(ドリンク代別)

【チケット先行】

◆FC先行◆

11月5日(日)21:00〜11月12日(日)23:59

「Awich fanclub Asia Wish Children」への入会はこちら▼

https://fc-awich098.com/regist/

【お問合せ】 

ホットスタッフ・プロモーション 050-5211-6077(平日12:00?18:00)

【イベントHP】

https://www.red-hot.ne.jp/bacio/

Awich New Album「THE UNION」

2023.10.25 out

Asia: https://lnk.to/THEUNION

Rest of the world:https://music.empi.re/theunion

[Track List]

01. THE UNION (Prod. Chaki Zulu / Chant by Kuniko, T.Kura)

02. Awich, 唾奇, OZworld & CHICO CARLITO - RASEN in OKINAWA (Prod. Diego Ave)

03. Guerrilla (Prod. Ryosuke “Dr.R” Sakai)

04. ALI BABA REMIX feat. MFS & ralph (Prod. Chaki Zulu)

05. Awich, NENE, LANA, MaRI, AI & YURIYAN RETRIEVER - Bad Bitch 美学 Remix (Prod. Chaki Zulu)

06. Call On Me (Prod. sty, Chaki Zulu)

07. 口に出して 2 (Prod. KM)

08. Interlude

09. Burn Down feat. GADORO (Prod. TRILL DYNASTY)

10. かくれんぼ (Prod. Chaki Zulu)

11. Awich & STUTS - Twinkle Stars feat. BIM (Prod. STUTS)

12. Wait For Me (Prod. JIGG / Trumpet: Patriq Moody)

RELATED

『FUJI ROCK FESTIVAL』の第四弾でAwichやKing Krule、¥ØU$UK€  ¥UK1MAT$Uなどが出演決定 | これまでにSZA、KID FRESINO、Noname、Erika de Casier、TURNSTILE、Floating Points、Peggy Gouなどが発表

『FUJI ROCK FESTIVAL 2024』の第四弾出演アーティストが発表となった。

【ライブレポート】Yo-Sea @ WWW X | 全てに愛が溢れるような一夜

沖縄・北谷出身のシンガーソングライター、Yo-Seaが自身初となるワンマンライブを2024年3月1日に渋谷WWWXで開催した。

『森、道、市場2024』第三弾でAwich、ゆるふわギャング、どんぐりずなどがアナウンス | CANTEENとのコラボステージにはJUMADIBA、lil soft tennis、Peterparker69、ralphなどが登場

愛知・蒲郡で5月に開催される『森、道、市場2024』の第三弾出演者が発表となった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

WONKとThe Love ExperimentがチョイスするNYと日本の10曲

東京を拠点に活動するWONKと、NYのThe Love Experimentによる海を越えたコラボ作『BINARY』。11月にリリースされた同作を記念して、ツアーが1月8日(月・祝)にブルーノート東京、1月10日(水)にビルボードライブ大阪、そして1月11日(木)に名古屋ブルーノートにて行われる。