【ミニインタビュー】iann dior interviewed by edhiii boi

パンキッシュなエモラップでヒップホップシーンに新風を吹きこんだiann dior。その個性的なファッションも相まって、ここ日本でも、高い注目を集めており、50,000人もの観客を動員した『GMO SONIC 2023』に初登場し、大きな歓声を浴びた。

今回はSKY-HI主宰の〈BMSG〉に所属する若手ラッパー/アーティスト・edhiii boiを聞き手に、iannとのフレッシュな対話をお届けする。

ボロボロになったDior

edhiii boi - この間のGMO SONIC 2023に出演された時、行けなかったんです。僕は16歳になったばかりで、18歳未満はチケット買えなくて。映像でしか見られなかったんですが、初めて日本のステージはどうでしたか?

iann dior - 年齢制限があるなんて知らなかった……残念だよ。やっぱりアメリカと日本のライブは雰囲気が全然違って、アメリカはワーッとパーティーみたいな感じになるけれど、日本のファンはすごく真剣に見てくれる。それでもファンの熱が伝わって楽しかったですね。

edhiii boi - はー、お疲れ様です(笑)。今回が初の来日ですよね。過去のインタビューでは日本のアニメが好きだと仰っていました。

iann dior - うん、お気に入りは『ヒロアカ』。

edhiii boi - まだ見たことなくて。

iann dior - マジ? おもしろいよ。

edhiii boi - すぐ観ます(笑)。日本に来てからどこか遊びに行きましたか?

iann dior - Young Daluがファッションにアツい人を紹介してくれて、クレイジーなショップに行ったんです……名前が思い出せないんだけど、アパートみたいなところで、そこら中にアルミホイルが貼ってあって。本当に秘密めいた場所だった。青いLEDの看板があるだけで、あとはアーカイブのアイテムがたくさん置いてあって。

edhiii boi - ええ、どこなんだろう(笑)。

iann dior - 名前を思い出せないんだ(笑)。

edhiii boi - 僕もファッションにすごく興味があって、今日も私服で来ました。実は3年前くらいからiannさんのインスタグラムを見ていて、似たアイテムを探しに古着屋さんに行っていました(笑)。

iann dior - マジ? 私もファッションからアーティストに惹かれることがあって、Lil Uzi VertとPlayboi Cartiの2人から影響されてるんだ。

edhiii boi - iannさんのファッションのこだわりは?

iann dior - 他の人と被らない、真似できないファッションをしたい。だからあまり店で買うことはなくて、2000’sや80’sといった過去のプロダクトのアーカイブを探すのが好きなんです。

edhiii boi - ちなみに、アーティストとして成功して初めて買ったのはDiorでしたか?

iann dior - Yep。忘れもしないよ。その時の靴はまだ持っていて、自分の部屋に飾ってる。もう穴が空いてボロボロなんだけど、「これが始まりだったんだ」と思い出せるようにね。

edhiii boi - なるほど……僕も売れたら何を買うか、決めておこう。

iann dior - どこが自分のスタート地点になったか、覚えておくために大事だと思うよ。

詩はストーリーを語ることができる

edhiii boi - 僕は"Prospect ft. Lil Baby"を初めて聴いて、衝撃を受けたんです。それでIannさんのインスタグラムを見てみたら、「めっちゃロックな人?」って、曲と全然違う印象を受けて。それから新しくリリースされたものも聴いて、やはりロックな雰囲気があって。

iann dior - 父がBlink-182をよく聴いていて、ロックミュージックは昔から好きですね。好きなバンドはThe Cure。フレーズがいいんだ。

edhiii boi - お父さんの影響が大きいんですか?

iann dior - 多くのことを父から学んでいて。ロックだけでなく、彼の好きなヒップホップをたくさん聴かせてくれたんです。でも、私が音楽にのめり込んだのは、どちらかというと詩が好きだったから。詩はストーリーを語ることができる、というのに気づけたのが本当に大きくて。私にとって音楽を通してやりたいことの全ては、詩で物語るということなんだ。

edhiii boi - リリックが大事。普段曲を作る時には詩から書くんですか?

iann dior - いや、大体の場合はトラックから集中して作ります。リリックについても、メロディからフィールするものが大きいんだ。

edhiii boi - リリックは実体験から書くのか、頭の中で物語を作って書くのか、どうなんですか?

iann dior - その時々によるけど、多くの場合は人生を反映した歌詞になります。でも、頭の中で描いたこと──夢とか、自分の望みとか──をリリックにするのも好きです。音楽で自分の世界を作りたいと思っているから。

edhiii boi - 音楽、リリックについて一番影響を受けた人はアーティストは?

iann dior - うーん……。特にたくさんのストーリーを伝えてくれたアーティストはJ. Cole。

edhiii boi - iannさんの楽曲についても聞いてみたいです。僕がiannさんの曲の中で一番好きなのが"First Time"なんです。

iann dior - ILLENIUMと作った曲だね。ある時電話があって、スタジオに行ったんだ。いつものプロセスと同じようにメロディとリリックを作って。それから数日経って修正したんだ。「好きじゃないな」って(笑)。

edhiii boi - iannさんにとって一番好きな、気に入っている楽曲は?

iann dior - 今は”Obvious”が好き。人生の中でとても重要な時に作った曲で、その時のことを思い出せるんです。

edhiii boi - 自分で作った曲って普段聴いたりするんですか?

iann dior - 聴いているよ。でも、インスピレーションを得たりクリエイティブな状態に入るためにも、自分の音楽に囚われないようにするために、他の人の曲を聴くことも好き。それに、曲が出来上がるまでに何千回も聴いているから、リリースされる頃には「OK、もう終わり。完璧だ!次行こう!」って(笑)。

edhiii boi - (笑)。最近気になっているアーティストはいますか?

iann dior - 今はアンダーグラウンドなシーンに注目していて、Playboi Cartiのレーベルに所属しているDestroy Lonelyなどのアーティストをよく聴いてる。超かっこいいよ。

edhiii boi - 聞いてみます。ちょっと最後に、すごく単純に聞きたかったんですけど、自分を動物に例えるとしたら……?

iann dior - ハハ、僕はパンサーだね。彼らは獲物をじっと睨んで、動く瞬間に飛びかかる。……edhiii boiは?

edhiii boi - 僕は……犬? パグ?

iann dior - パグ(笑)?超いいね。

edhiii boi - ありがとう(笑)。そうだ、いつか僕と曲作ってくれますか?

iann dior - Yep, これからたくさん日本に来るから。

edhiii boi - っしゃ! その時までがんばります。

Info

Iann Dior

New Single「do it all」

https://virginmusic.lnk.to/doitall

edhiii boi

1st Album『edhiii boi is here』

https://bmsgv.lnk.to/eb_is_here

RELATED

【インタビュー】BES 『WILL OF STEEL』| 初期衝動を忘れずに

SCARSやSWANKY SWIPEのメンバーとしても知られ、常にアクティヴにヒップホップと向き合い、コンスタントに作品をリリースしてきたレジェンドラッパー、BES。

【インタビュー】CreativeDrugStore 『Wisteria』| 11年目の前哨戦

BIM、in-d、VaVa、JUBEEのMC4名、そしてDJ/プロデューサーのdoooo、ビデオディレクターのHeiyuuからなるクルー、CreativeDrugStore(以下、CDS)による、結成11周年にして初となる1stアルバム『Wisteria』がついに発表された。

【インタビュー】Kohjiya 『KJ SEASON』| 楽しくないと続けられない

IOやKEIJUの作品に参加したことで注目されている気鋭のラッパー・Kohjiyaがミニアルバム『KJ SEASON』をリリースした。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

WONKとThe Love ExperimentがチョイスするNYと日本の10曲

東京を拠点に活動するWONKと、NYのThe Love Experimentによる海を越えたコラボ作『BINARY』。11月にリリースされた同作を記念して、ツアーが1月8日(月・祝)にブルーノート東京、1月10日(水)にビルボードライブ大阪、そして1月11日(木)に名古屋ブルーノートにて行われる。