【ライブレポート】PUNPEE『The Sofaking... Damn!!! Tour @中野サンプラザ』| 素敵に元気に延期なPUNPEEがバンドセットで魅せる、圧巻のツアーファイナル

PUNPEEが2023年1月11日(水)に中野サンプラザにて『The Sofaking... Damn!!! Tour』のファイナル公演を開催した。

当初、2020年5月に全国ツアー『The Sofakingdom Tour』として開催予定だったが、新型コロナウイルスにより延期に。また、ツアー前にリリース予定だったEP『The Sofakingdom』もPUNPEEの心境や歌いたいことに変化があったため、延期してのリリースとなった。その後のPUNPEEは独自の見せ方でオンラインライブ開催や豪華アーティストとのコラボ楽曲、過去作をリマスタリングした蔵出し作品集のリリース、大型フェス出演など、話題が絶えることはなかったが、全国ツアーの延期は続いた。そして、2年以上の歳月を経て、ツアー名『The Sofaking... Damn!!! Tour』に改め、2022年12月に開催が決定。全国ツアーに向けて、前述のEPの対となるエクストラコンテンツ『Return of The Sofakingdom』をリリースした。心待ちにしている人たちに、いつも楽しい仕掛けを用意してくれる、PUNPEEの中野サンプラザでのツアーファイナル『The Sofaking... Damn!!! Tour』が始まった。

取材・構成:宮本徹

写真:cherry chill will.

幕が開くと、雷雨の音と映像の中、“The Sofakingdom VR”が始まり、VRゴーグルを付けたPUNPEEがソファーに腰をかけながら歌い始める。「調子はどうですか、中野 Party People 2023!上がっていきましょう。レッツゴー」とソファーから立ち上がり、名曲“Renaissance”へ。

ステージにはバンドメンバーがスタンバイする。ツアーファイナルはバックDJの原島“ど真ん中”宙芳とDJ ZAIに加えて、マニュピレーターにIllicit Tsuboi、ドラムに なかじまはじめと小笠原拓海を迎えた、この日限りのバンドセットで挑む。

Illicit Tsuboi
なかじまはじめ
小笠原拓海

VRをテーマにした“GIZMO (Future Foundation)”では、映画『グレムリン』のギズモの映像が流れ、おなじみの亀(PUNPEEの実家で25年以上飼っている亀がモデル)、サビからは『THE FIRST TAKE』以降、親交のあるRopesのAchicoがコーラスとして登場し、後半サビでツインドラムによって音に厚みを増していく。続く“P.U.N.P. (Communication)”では、DJ ZAIのスクラッチとバンド演奏で心地良いグルーヴを。

Sofaking... 『Damn!!! (DJ ZAIによるSE)』Tour。東京に戻って参りました。PUNPEEでございます」と挨拶し、「宛のない、果てもなかった旅、あったのは酒のあてのみ、今日は少し増えたフレンヅ」とラップし、古くからの友人たちに向けた楽曲“フレンヅ”、「ここにまだいない、アツいフレンヅと作った曲がございますので、それをやってみようかな」と”Life Goes On (あんじょうやっとります)”へ。ステージにはOMSBが登場し、息の合ったパフォーマンスを見せつけた。

OMSB

PUNPEEが「『ALONE』というアルバムが批評家やヘッズの方々から大変素晴らしい評価を受けました。そこから1曲...」とお願いすると、OMSBが「というか、おれ新曲出したんですよ」と返し、お風呂の沸いた音が鳴り響く。「お風呂に入っててもらって良いすか。おれちょっとやらしてもらいますわ」とOMSBはAaron Choulaiトラックプロデュースの新曲“Vision Quest”を披露した。

会場が暗くなり、2021年にPUNPEEとOMSBとVaVaが全編に渡り劇伴担当したアニメ作品『オッドタクシー』の映像が流れ、PUNPEEと共に同じ板橋出身のスカートの澤部渡がステージに登場する。PUNPEEが「去年もこの曲には大変お世話になりましたね。今年もお世話になりすぎないように、また2人で良いもの作って、更新したりしましょう」とオープニング楽曲“ODDTAXI”へ。

澤部渡

PUNPEEが「もうひとり小動物のキャラクターがいた気がするなあ」と話すと、“My Name is...”が始まり、METEORがステージへ。『オッドタクシー』のヤノの声優としても知られるMETEORは、2ヴァース目の歌詞を全て飛ばし、PUNPEEへ感謝のフリースタイルを始める。「昔、渋谷サイファーで会ったときから、おれのこと何故か立ててくれる、かわいい後輩は彼さ」と見事に乗り切り、物販の告知を始めると、原島“ど真ん中”宙芳からは「歌詞飛ばしたけど」と突っ込みが。METEORは「もう転んでもタダでは帰れませんよ」と観客を笑わせ、PUNPEEは“Scenario (Film)”へ続けた。

METEOR

「横浜より緊張している感じなんですけど、歌詞を飛ばしたら『緊張してんな、こいつ』って感じでTwitterとか5ちゃんねるにいっぱい書いていただけたらと思います」とMCへ。「“Sofakingdom”ってなんだろうって人がいて。“So fucking good”って“すげえ良い”っていう、ちょっと汚い感じなんですけど、それに“dom”を付けて。2年前のツアーが中止になったのがあるから、“ Sofaking... Damn!!!”っていう感じに付けさせていただきました」と今回のツアー名についての話を。そして、ライブで気合いを入れるために作った楽曲“Award Tour”、“Messiah Complex”へ。ビートスイッチでステージセットのドアから漢 a.k.a. GAMIが登場する。曲の終わりで“新宿 U.G.A”を彷彿させるフローでフリースタイルし、「やべえぜ、このクソPUNPEE野郎」と一言吐いて、漢 a.k.a. GAMIは去って行った。

PUNPEEが「こうやって背筋を伸ばされると腰が痛くなるんです。だから馴染みの友だちと曲やりたいな」と話し、“BIG GUY”へ。ステージの映像ではGAPPERがステージセットのドアから遠ざかる演出が入りながらも、インターホンが鳴りGAPPERがステージに。PUNPEEは「GAPPERに会ってなかったら、もしかしたらこういう場所に立ってるかも分からない。昔からのゆったりできる友だちです」と20年来の盟友について話し、「過去は戻せないので、一期一会を大事にしていきましょう」と“タイムマシーンにのって”へ続けた。

ライブはクライマックスへ。ステージにはIllicit Tsuboiが所有する、1987年にE-MUから発売されたドラムサンプラー『SP-1200』が登場。「これを通すと、とにかく音が太くなるという機材」とPUNPEEが説明しながら、RAU DEFとの“FREEZE!!! Feat. Sagbabe“を実演し、「去年引退した大先輩がおりまして。その人にお疲れ様でした、と捧げたいと思います」と、Mary J bligeの“Real Love”から“お嫁においで 2015”へ繋げる。「いつか落ち着いたら、また一緒にこの曲やってくれたら嬉しいです」と加山雄三へ労いの言葉を贈るPUNPEE。

PUNPEEは「ここで自分がワンマンをやる前に、ここで一緒に客演として自分が参加させていただいた、もう1人の大先輩がおりまして...」と、エレキギターを持った ORIGINAL LOVEの田島貴男をステージへ招く。ORIGINAL LOVEのアルバム『bless You!』に収録された楽曲“グッディガール”のバンドセットへ。

田島貴男

「この曲は田島さんと作りましたが、“愛してます”をサンプリングしてなかったら、できなかったかもしれないし、もしかしたら他の人ともやってたかもしれない。次はそういう曲でございます」と“Operation : Multiverse of Love”。映画『ドクター・ストレンジ MoM』でのクリスティーンのセリフを受けて作った、PUNPEEにとって初めて多次元世界をテーマにした楽曲だ。曲終盤には銀テープが舞い、会場の盛り上がりは最高潮に。

「残り短い時間を使いはたしていきましょう」と“夜を使いはたして”へ。PUNPEEは、6月に武道館公演を開催するSTUTSへ「武道館おめでとうございます、ここにいないけど」とお祝いの言葉を贈り、最後のMCへ。「もうそろそろ終わりに差し掛かって参りました。中学のとき漫画描いてて、恩田くんってやつにずっと見せてたんですけど、その漫画の延長というか。PUNPEEっていうキャラクターを落とし込んで描いてるのかな、おれは。WAV活劇、MP3活劇、音源の中だったり、いろんな場所で皆さんと楽しいものを今後も共有できたらと思っておりますので、次はそういう曲でございます」と“HERO (Remix)”、「しみったれた家族っぽい曲やって、終わろうと思います」と“Wonder Wall”へ。PUNPEEと5lackの幼少期から今に至るまでのMVがエモーショナルに映し出され、5lackがステージに登場。兄弟での見事なステージで本編が終了した。

5lack

アンコールに入り、DJ ZAIが登場。DJ ZAIは「まだ1回もやってない曲があるんで、それをやりましょう」と話し、ジャージードリルを取り入れた楽曲“Free Roamin’ (Self-regi Dystopia)”、PUNPEEがオリジナルのラップを乗せたLEXの“なんでも言っちゃって”に続けた。アンコールに入ってから戻って来ない原島“ど真ん中”宙芳に対して、PUNPEEは「原島さんはすごい責任感が強い方なので、来たる新曲をかけたら、原島さんは戻ってくると思うので、ZAIちゃん、その新曲をかけましょうかね」と未発表曲“Miss U”へ。OMSBが登場し、観客席の最前列で缶ビールとお茶割りを持つ原島“ど真ん中”宙芳もステージへ。この“Miss U”について「今年出る何かに入れましょう」と今後の動きに期待させるPUNPEE。

原島“ど真ん中”宙芳

本編は“Wonder Wall”で終わったんですけど、最後は大団円みたいな感じで終わらせられたらと。2023年景気良くこの曲聴いたらご利益あったなって感じの曲でございます。ありがとうございました、中野!」とPSGの“愛してます”のイントロが。5lack、GAPPER、田島貴男がステージに登場し、PSG、ORIGINAL LOVE、バンドメンバーでの“I WISH / 愛してます”へ。PUNPEEがラストヴァースを歌い、ツアーファイナルの幕は閉じた。

幾度の延期が重なった『The Sofaking... Damn!!! Tour』だったが、ステージに立っていたのは“素敵に元気に延期なPUNPEE”。そして、PUNPEEの細部へのこだわりを感じる、バンドメンバー、豪華ゲストと魅せた圧巻のツアーファイナルだった。PUNPEEがMCで、“Sofakingdom”には「ソファーの前だったら誰でもキングになれる」という意味も込められていると話してくれたが、ステージのソファー前で歌うPUNPEEはこの日のキングだったはず。『アメリカン・スプレンダー』のようにPUNPEE自身がマイペースに描いていく、これからのPUNPEEの物語が楽しみだ。

この日会場物販にて販売が開始された『The Sofakingdom』と最新作『Return of The Sofakingdom』の2枚組CD作品 『The Sofakingdom COMPLETE EDITION CD』が、2月1日(水)よりSUMMIT Web Shopおよび全国のCDショップにて予約開始される。 本CDは、2月15日(水)より発売される予定。

Info

nfo

「 The Sofaking... Damn!!! Tour @中野サンプラザ」セットリスト

01.The Sofakingdom VR 

02. Renaissance

03. GIZMO (Future Foundation)

04. P.U.N.P. (Communication) 

05. フレンヅ

06. Life Goes On: あんじょうやっとります(feat. OMSB)

07. Vision Quest 

08. ODDTAXI

09. My Name is... feat. PUNPEE

10. Scenario (Film) 

11. Award Tour 

12. Messiah Complex(feat. 漢 a.k.a. GAMI)

13. BIG GUY(feat. GAPPER)

14. タイムマシーンにのって

15. グッディガール(feat. PUNPEE)

16. Operation : Multiverse of Love

17. 夜を使いはたして(feat. PUNPEE)

18. HERO (REMIX)

19. Wonder Wall feat. 5lack(feat. S.L.A.C.K.)

20. Free Roamin’ (Self-regi Dystopia)

21. PSG (PUNPEE, 5lack, GAPPER) & Original Love - I WISH / 愛してます (from "WWW with Original Love?”)

Playlist:https://summit.lnk.to/TSDT_PUNPEE

アーティスト : PUNPEE

タイトル : The Sofakingdom / Return of The Sofakingdom

発売日: 2023年2月15日(水)

フォーマット:CD2枚組

レーベル:SUMMIT, Inc.

品番:SMMT-206

SUMMIT公式予約リンク

https://summit-shop.net/items/63d77d6ce2f3b6044c462965

・The Sofakingdom

各種配信サービス:

https://summit.lnk.to/SMMT140

商品詳細 : 

https://www.summit2011.net/punpee-the-sofakingdom/

・Return of The Sofakingdom

各種配信サービス:

https://summit.lnk.to/SMMT204

商品詳細 : https://www.summit2011.net/punpee/return-of-the-sofakingdom/

RELATED

新たな音楽フェス『X-CON』が12月に開催 | De La Soul、PUNPEE、SEEDA、tofubeats & FRIENDS、長谷川白紙、パソコン音楽クラブなどが出演

新たな音楽フェス『X-CON 2023』が12/8(金)~12/10(日)に幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催される。

「マジック:ザ・ギャザリング」の30周年記念イベントでPUNPEE、OMSB、Stupid Kozoなどが出演するDJパーティーも開催

5千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ元祖戦略トレーディングカードゲ ーム「マジック:ザ・ギャザリング」の発売30周年を記念したイベント『マジック:ザ・ギャザリング 30th ANNIVERSARY CELEBRATION TOKYO』が9/1(金)~9/10(日)に渋谷 RAYARD MIYASHITA PARKで開催される。

PUNPEE、C.O.S.A.、OMSB、Hi'Specによる5作品のアナログがレコードの日に発売

昨年大きな話題をよんだSUMMITの諸作品のレコードが、今年も11/3のレコードの日に発売される。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

WONKとThe Love ExperimentがチョイスするNYと日本の10曲

東京を拠点に活動するWONKと、NYのThe Love Experimentによる海を越えたコラボ作『BINARY』。11月にリリースされた同作を記念して、ツアーが1月8日(月・祝)にブルーノート東京、1月10日(水)にビルボードライブ大阪、そして1月11日(木)に名古屋ブルーノートにて行われる。