【インタビュー】LANA | 自分の将来が楽しみで仕方ない

2020年からSoundCloudでの活動をスタートした神奈川・湘南生まれのアーティストLANA。ジャンルレスな才能を感じさせるメロディーセンスと特徴的なハスキーボイスを武器に、2022年に"FLAME (feat LEX, Saru jr.fool, taisyov)"で本格的なデビューを果たした。

LANAの音楽活動の原点には家族の存在があるという。実兄のLEXとダンサーとしても活躍する姉、そして3人の子供を1人で育て上げた母が暮らす家では、常に音楽が流れていたという。ポップスから演歌や沖縄民謡まで吸収してきた彼女は、自然に歌い始めた。かつては様々な問題を抱えていたというが、今は自分の将来が楽しみで仕方ないというLANAに今とこれまでの軌跡を話してもらった。

取材・構成 : 渡辺志保

撮影 : danbabeboo

- まず、楽曲制作を始めたのはどんなきっかけから教えてください。

LANA - 当時、付き合っていた人に振られたのがきっかけですね。その時、超病んでたんですけど、お兄ちゃんに「歌ってみなよ」って言われて、それで作って発表したのがサンクラ(SoundCloud)にアップしている"HATE ME"なんです。そしたら、意外と「(再生回数が)伸びた!」みたいな。で、続けていこうかなって。

- 最初からスッと制作できた?戸惑うことはありませんでしたか?

LANA - ちゃんとカタチにしたのは"HATE ME"が初めてなんですけど、お兄ちゃんを見て、自分もYouTubeでビートを探してイヤホンしてそれに乗せて歌う、ということはちょくちょくやっていたんです。それが中2くらいの時。ちょうど、お兄ちゃんもだんだんラッパーとして知られていくようになった頃で。

- LANAさんにとって、兄であるLEXさんはどんな存在?

LANA - 最初、お兄ちゃんが地元でサイファーとかやってるときはすごく恥ずかしくて。私はそういう世界を知らなかったし、私がいつもたまってる場所の横でお兄ちゃんがサイファーをしていたから、ぶっちゃけ「マジやめてほしい」みたいな感じでした。一緒に歩くのとかも嫌で、結構拒絶してたんです。でも、"HATE ME"を出す前にお兄ちゃんの背中を見ながら「(楽曲制作を)やりたいな」とか、「(機材を使って)こういうことができるんだ」「こうしたら、聴いた人からこんな風に言ってもらえるんだ。いいな」って気持ちに変わっていったんですよね。

- そもそも、小さな時はどんな家庭環境で育ったのでしょう?

LANA - 神奈川県の湘南エリアで育ちました。結構田舎で、洒落たものは特にないですね。私にはお姉ちゃんもいて、三人兄妹なんです。みんな、年齢が2歳差なので、お姉ちゃんと私は4歳離れてますね。お母さんしかいないので、子供時代は兄妹3人で助け合ってました。やっぱり、お姉ちゃんが一番しっかりしてて、お兄ちゃんはあんな感じだし、私はもっとちっちゃかったから、昼間はお姉ちゃんに面倒を見てもらって、夜になったらお母さんが帰ってきて…みたいな生活をずっと繰り返していたんです。家族の仲は良かったんですけど、みんな、それぞれいろいろ抱えていましたね。喧嘩もすごいしたし、みんながやりたいことに対して、理解もできなかったけど、心の奥には愛がありました。

- LANAとして楽曲を発表するようになって、お兄ちゃんとの関係性には変化が生じてきましたか?

LANA - はい。変化してますね。そもそも、お兄ちゃんが曲を作り始めて、再生回数なんかが伸びてきた頃から、おうちがあったかくなっていってるんです。だから…うん。

- 地元では、どんな子供時代を過ごしていたのでしょうか。

LANA - 学校も行ってなかったし、ずっと遊んでました。学校の同い年の友達もいるけど、普段から一緒に遊ぶ感じじゃなかったんです。なぜなら、学校に行かないから。だから、お兄ちゃんと同い年ぐらい女の先輩と、ずっと地元をチャリンコ漕いで遊んでいて、それがバイクになり…って感じでしたね。小学校も行ってないです。朝から夜まで、お母さんが仕事でいないんですよ。私が小学校1年生の時、お姉ちゃんが5年生で、1人が怖くて、お姉ちゃんがいないと小学校に行けなかったんです。でも、お姉ちゃんは小・中学生からグレていて、反抗期もすごかったんです。だから小1の時から私はすでに学校は行ってなくて。たまに5時間目とか6時間目から行くみたいな生活が続いていました。

- お昼過ぎてご飯食べてから学校に行く、みたいな。

LANA - そうそう。お姉ちゃんがその時間に行ってたから。

- それくらいの時期から、すでに音楽には触れていたんですか?

LANA - もちろん。お母さんが音楽大好きなので、結構、いろんなジャンルの音楽を聴かせてもらいましたね。

- お家にいるときは常に音楽が流れている、みたいな?

LANA - そうですね。あと、お母さんは、その流れている音楽を止めて喋ったりもするんですよ。「この歌詞はこういう意味で、だから、こういう考え方もあるんだよ」とか。みんなが辛い時に、その曲を流してお母さんが泣いちゃって、それを見て子供たちも泣くみたいなこともありました。

-「この曲を聞くと、うちら家族のことを思い出すよね」みたいな、思い入れの強い曲はありますか?

LANA - 家族のことを思い出す、思い入れの強い曲はミュージカル『アニー』の"Tomorrow"ですね。美空ひばりの"愛燦燦"もお風呂とかでずっと歌わされてました。最近知ったんですけど、お母さんも、元々は歌を歌いたかった人らしいんです。私が歌を始めた時に、「実はママもやりたかったんだ」って言われて。だから、そういう(歌い方の)特訓みたいなこと小さい時からされていたんだろうなって思うんです。

- LANAさんの曲を聴いていると、ラップのスキルはもちろん、ヴォーカリストとしてもすでに表現方法を会得しているというか、表情豊かなヴォーカルだなと驚くことが多くて。

LANA - それは、お母さんが聴かせてくれた音楽たちの影響ですね。演歌とか沖縄の民謡とかも、お風呂で「こうやって歌うんだよ」と教えてもらって。"涙そうそう"を歌って、喉の使い方をお風呂で学ぶみたいなこともありました。

- 今年、18歳を迎えたばかりだと伺いました。

LANA - はい。高3の代ですね。高校には行ってないんですけど。元々、中学もほとんど行ってなかったから高校に行かなきゃいけないっていう気持ちもなかった。一応、高校受験はしたんですよ。何も知らないまま、私服で行けてギャルがいっぱいいる学校を調べて受験したんですけど、成績も何もない状態で行ったから落ちちゃって。それでも、中学校の先生から「ここだったら行けるよ」とアドバイスをもらったんですけど、「いや、行かない」って言って、そのままです。

- デビューシングル"FLAME (feat LEX, Saru jr.fool, taisyov)"をリリースした経緯はどんな感じだったのでしょう?

LANA - 普段からお兄ちゃんの部屋にはいつも友達がいて、私も暇なときはちょこちょこ「混ぜて〜」みたいな感じで行くんです。大体、YouTubeでビートをバーって流して、「これやる」って言ったら、みんなで曲に入っていきながら完成させていく。元々、私は"FLAME"に入るつもりはなくて。いつもみたいに黙って聴いていたら、「やってみな」って言われて、ワーって歌ったら「めっちゃいいじゃん」みたいになって。「なんなら、私が一番良かったんじゃないか?」くらいだったんです。そこで、「私が曲として出していい?」って聞いて。

- 普段の曲作りは、どんなプロセスで進めているのでしょうか?

LANA - お兄ちゃんがいない時とかに部屋に入って、「作ろうかな」って。YouTubeとかでビートを拾って、ちょっと歌を乗せてみて、それをちゃんとしっかりした曲として仕上げていく、みたいな感じです。基本的には家で作っていますね。

- LEXさんの活動や制作の様子は、刺激になりますか?

LANA - お兄ちゃんは、結構リスペクトです。早いんですよ。ぱってひらめくのも早いし、「曲作るの手伝わせてよ」とかいって2人で作るときとかも、メモリストの量が半端ないんですよ。

- それは、リリックのメモ?

LANA - リリックもあるし、鼻歌みたいなフレーズから言葉が出てきて「これいいじゃん」みたいな。それは結構「すごいな」って思います。どうしても比べる対象がお兄ちゃんになっちゃうんですけど、やっぱりお兄ちゃんはオタクみたいに曲を作ってるんですよ。私はまだ、そこまでには達してない。けどでもやっぱり、曲として形にするごとに「作りたいな」って思う頻度が高くなっている気はします。

- 普段は、どういった音楽を聴いているんですか?

LANA - Olivia Rodrigoとかが好きで、ヒップホップよりも、そういった音楽の方が好きだし、性格とかも多分、そっち寄りかも。そんなに強くないです。LANAのイメージって"FLAME"みたいに「燃えてる!」って感じもあるかもしれないけど、サンクラにいくと、もっと私っぽいっていうか、愛に対してピュアな自分がいるんです。結構、繊細なのかもしれない。いろんな人に対して馴染むことはできるけど、やっぱり1人が好きだし、友達と会っても疲れちゃうし。

- アーティスト・LANAとして、目標にしていることはありますか?コラボしてみたいアーティストとか。

LANA - 変なことを言ってると思われるかもしれないですけど、お兄ちゃんがLEXなので、ヒップホップ界隈のことはお兄ちゃんからしか得ることができないんです。だから、一緒に曲をやりたい人とか分かんないし、これから見つけて行くのかなって思っています。ゆくゆくはギターも弾けるようになりたいし、最終的にはOlivia Rodrigoみたいなこともやりたいですね。

- アーティストとしてスタート地点に立ったばかり。まだまだクリエイティヴなパワーが育っていきそうですよね。

LANA - お兄ちゃんのおかげだと思います。お兄ちゃんが大きくなっていくことによって、私達も燃える。やっぱり、兄妹の中で負けたくないじゃないですか。お姉ちゃんは、元々小さいときからずっとダンスをやっていて、海外で1位とかも取ってるし、お兄ちゃんもラップをやって、結果も出している。中学生くらいの私は本当にどうしようもなくて、やりたいこともないし、何をしても中途半端に全部かじっている程度で、本当に悔しかったんですよ。お母さんにも「私には何もないから」って言って、お兄ちゃんとお姉ちゃんにもそういう感じで接していたし、2人が羨ましかった。でも、最近は思春期の変な悩みとかしがらみもなくなって、「本当にやりたい」って思えることをやっています。やりたいことがこんなに続いているのって、楽曲制作が初めてなんですよ。

- やっと辿り着いた、みたいな。

LANA - 楽しいですね、めっちゃ。

- 今もお話に出てきましたが、中学生時代は具体的にどんなふうに過ごしていましたか?

LANA - 苦しかったですね。その時は真剣に悩んでいたけど、今思えば、本当に中2病だったなって。お母さんのことも嫌いだったし、児相とか行って里親を探したこともあるくらい。家族や大人たちと、めっちゃ戦ってましたね。

- 先日リリースされた新曲"Get It feat. ZEN & KESSO"では、これまでに乗り越えてきた心の葛藤みたいなこともラップしていて、困難な時期を過ごしてきたのかなと思ったんです。

LANA - いろいろと葛藤したり、お母さんを嫌いになったり、本当に拒絶したり、周りを信用できなくなったりしたけど、今の自分はもう18なんで、「大人になろう」じゃないけど「落ち着こう」と思っているところです。最近はお母さんがどういう人だったか、という話も直接聞いているんです。今回、このインタビューを受けるにあたって、お母さんと色んな話をしたんですよ。元々、私とお兄ちゃんはバスケやってて、お姉ちゃんはずっとガチめなダンスをやってたから本当にお金が掛かっていたんですよね。「お母さん、どうやってやりくりしてたの?」って聞いたら、月16万のお給料で私たちを育ててたっていうんですよ。自分のことに対しても熱くなれるけど、今は結構、お母さんに対して熱くなっちゃいます。

- "Get It"には”ママを傷付けるやつも嫌いだ”というフレーズも出てきますよね。LANAさんのお母さんも、実際にLANAさんの曲を聴いているんですか?

LANA - はい。お母さん、ハンパないっす。例えば、私はMVの最終チェックとかも苦手で、最後までできないんですよ。でも、お母さんがそれをやってくれているんです。昨日の夜も新曲のMVを一緒に見ていて「これとこれは止めた方がいいと思う」とかアドバイスをくれて。歌詞や英語の発音も、最初の方は結構、お母さんに指摘されました。

- 今のLANAさんは、普段、何をしてるときが一番今燃えますか?

LANA - やっぱり、曲を作っている時です。「あれもやりたい、これもやりたい」って頭の中がいっぱいになって、結構整理つかないんです。一つの曲を作っている時も、頭の中で次々と他のことを考えちゃう。そういうときが一番楽しいです。あと、今は、自分の将来が楽しみで仕方ないです。いい意味で、何やっても怖くないんです。曲も、もっといいテンポで出していきたい。

- ライブの現場も徐々に増えていってますよね。今年の7月にはHARLEMのデイイベントで初ライブも行っていますが、率直な感想や手応えははどうでしたか?

LANA - あんなにみんなが私のことを知っていてくれて、盛り上がってくれるとは思っていなかったです。私がステージに出る前から、「LANA!」って声が聞こえたり、ワーって歓声が上がったりして。一番嬉しかったのは、女の子がすごく盛り上がってくれていたことですね。私、基本的に話すのも苦手なんです。だから、曲の合間のMCも、なるべく話さないようにしようと思っていたんです。でも、実際にステージに立ってみると、みんなの目とかから熱いものが伝わってきたんですよ。何ていうんだろう、エネルギーみたいな。そうしたら、「話すのが恥ずかしい」って気持ちがなくなって、自然と私から「話したい」って思えたんですよ。あの感覚は実際にライブに出た人、来てくれた人にしか分からないですよね。すごく楽しかったです。

- 自分がアーティストになったんだな、とか、作品を人々に与える立場になったんだな、と感じる瞬間はありますか?

LANA - あります。今までの私って、本当にポンコツでバカだったし、人ともぶつかるし、中二病だったし、みたいな感じだったんです。でも、今はそんなことなくて。何かを伝える立場になって、地元の人からは「ギャップがすごい」って言われます。

- 例えば、LANAさんの音楽を聴いているファンの方で、まだ10代で家庭の中にも居場所がない、やりたいことが分からないという思いを抱えている子がいたら、どんな風に声を掛けたいと思いますか?

LANA - 難しいですね。ツラいレベルって人それぞれだし、それに同情してあげることもできない。私も実際、同情されたら嬉しくないし。でも、簡単な言葉だけど、「大丈夫だよ」ってすごく深い気がして、そのときは気づかなくても、やっぱり、後で気付くと思うんですよ。だから私の曲を聞いて、1人じゃないなと思ってくれたら嬉しいし、私もそういう気持ちに寄り添えるように、色んな人に対して曲を作っていきたいです。

Info

2022/9/14配信Single「Get It (feat. ZEN & KESSO)」

https://lnk.to/ajcTLS

Info

タイトル:POP YOURS Presents YOUNGPRO
日程:2022年10月25日(火)
会場:WWW X
出演:Choppa Capone / LANA / MaRI / $MOKE OG (AtoZ)

時間:OPEN 19:00 / START 20:00
前売:¥1,000 (税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)
問合:WWW X 03-5458-7688

チケット:

一般発売 / 9月30日(金)19:00~ e+ 

https://eplus.jp/popyours-youngpro/】

※本公演は「ライブハウス・ライブホールにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づいた対策を講じ、開催いたします。チケットのご購入、ご来場の際は「新型コロナウイルス感染拡大予防対策の実施について」を必ずご確認いただき、ご同意の上でチケットのご購入とご来場をお願いいたします。

POP YOURS TikTokアカウント https://www.tiktok.com/@pop_yours?lang=ja-JP

公演ページ:(9/30(金) 19:00以降解禁)

https://www-shibuya.jp/schedule/014928.php

related

LANAがジャージーを取り入れた新曲"PULL UP"をリリース

今年は"Get It (feat. ZEN & KESSO)"などで話題となったニューカマーLANAが、新曲"PULL UP"を本日11/30(水)にリリースした。

【インタビュー】thisisneverthat | 韓国と日本のカルチャークロッシング

韓国のストリートブランド・thisisneverthatが10月15日に東京・原宿に上陸した。

【インタビュー】STARKIDS | 星の子が目論む"世界征服計画"

脳天に響くデジタルでアグレッシブなビートに日英織り交ぜたリリックで「日本を征服するぜ / We bring it back(日本のポップが戻ってくる)」と宣言する"星の子"ことSTARKIDSは、パンデミック以降の音楽シーンを揺るがす多国籍ラップクルーだ。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。